BS朝日

バックナンバー

#103

趣味か教育か… キチンとママ 愛と混乱の大噴火

東京・世田谷の4LDKの一軒家に暮らすゆうこさんは、5人家族で夫は単身赴任中。一見すると家の中はきれいですが、それは、しまい込むことができる数ある収納のおかげ。趣味のお菓子作りや粘土細工で使う材料が日用品と並んで、家のいたるところに詰めこまれていたのです。さらに片付けに対する苦手意識が強く、ゆうこさんにとって“片付け=物の移動”。来客があるたびにその場しのぎで、あちこちへ隠すように物をしまっていました。
この生活に感じるストレスから、最近では3人いる思春期の子どもたちとの関係性が悪化。ギスギスした関係を少しでも良くしたいと断捨離を決意しました。ところが物をいくら減らしても、心のゆとりは生まれず、子どもたちの態度も変わらない。果たして、ゆうこさんが抱える心の問題とは?