BS朝日

バックナンバー

#145

「萩」

仙台市では毎年9月に「萩まつり」が行われます。仙台土産の定番「萩の月」でも知られるように、萩は秋の仙台を象徴する花です。萩まつりは「秋の花見」とも言われており、今年で63回目を迎えます。萩まつりのガイドさんによると、小さな花が次々と咲き、品種や形の違いや変化を楽しむのが萩の醍醐味だそうです。15種類、1300株の萩がちょうど見ごろを迎え、訪れたお客さんは仙台の秋をじっくりと味わっていました。