BS朝日

バックナンバー

#166

「傘福」

雛祭りの頃、山形県酒田市では、「日本三大吊るし雛」のひとつとされる「傘福」が飾られます。江戸時代、北前船が関西からお雛様の文化をもたらしました。しかし豪華な雛壇は庶民には手が出ません。お母さんたちは我が子の成長や幸せを願い、端切れで雛飾りを手縫いし寺社に奉納しました。それが「傘福」の始まりとされています。傘福に吊るされる飾り物は999個。その一つ一つに女性たちの願いが込められています。