BS朝日

バックナンバー

#165

「女山大根」

佐賀県多久市の特産品「女山(おんなやま)大根」は、江戸時代から受け継がれる伝統野菜です。2月上旬、表皮が赤紫色の大ぶりな大根が、直売所に集っていました。大きいものは、重さ13キロにもなるそうです。女山の麓、気温差の大きい盆地で作られることから、糖度は普通の青首大根の1.5倍、甘みが強く煮崩れしにくいのが特徴で、煮物はもちろん、サラダや切り干し大根も美味しい冬の味覚です。