BS朝日

カテゴリー一覧

お知らせ

【再放送のお知らせ】
8月1日(日)午前8:00~8:30「原田左官工業所」
詳しくはこちら
8月2日(月)午後11:00~11:30「みんなのごはん」
詳しくはこちら


バトンタッチ SDGsみどころ動画をアップしました!


ナビゲーター谷原章介さんからコメントが届きました!

次回放送予定

「環境に配慮した漁で海女の文化を残したい」本田藍さん
「“三方よしのプラスチック”流通を目指して」小林拓矢さん

「環境に配慮した漁で海女の文化を残したい」本田藍さん
「“三方よしのプラスチック”流通を目指して」小林拓矢さん
 

「環境に配慮した漁で海女の文化を残したい」
本田藍さん

 

「日本海沿岸の海女発祥の地」とされる福岡県宗像市に3年前移り住み、

海女として修業を始めた本田藍さん。

京都大学大学院で6年電気生理学を研究、高校教諭として教壇に立った後
海女になった異色の経歴の持ち主。
「ダイビングが好きで海の伝統を守る仕事を」と選んだ仕事。
今、全国で減少している海女は、自分の呼吸が続く範囲でしか漁をせず
海にでる日数に上限を決めているなど、環境に優しい漁業を古来より続けてきました。
本田さんは海女の文化を守りながら講演や広報活動を行い、
海のプラスチックごみ回収にも取り組んでいます。
「宗像のあまちゃん」の取り組みぜひご覧下さい!


 

「“三方よしのプラスチック”流通を目指して」
小林拓矢さん

食品包装、家電製品、自動車部品、医療用品・・・私たちの社会に欠かすことのできない
素材プラスチック。

 

その取引量で世界第2位となる規模を展開する伊藤忠商事/化学品部門に勤めているのが今回の主人公小林拓矢さん。

高機能で変化自在、軽くて安価なため、生活を支えるありとあらゆるものに使われてきたプラスチックは一方で温暖化への影響や環境への負荷についても指摘をされています。
子供たちの世代に負担をかけない新たなプラスチックはないか。
小林さんは、CO2削減につながる新たなプラスチックを開発した企業の情報を得て契約を結ぶために欧州へ。よりよい未来のために。
日本の大手コンビニチェーン店頭に、今までにない環境配慮型プラスチックを使った商品が並ぶまでの取り組みを追いました。ぜひご覧下さい。

見逃し動画

「バトンタッチ SDGsはじめてます」は放送終了後、期間限定で無料配信をしております。
※都合により視聴できない放送回もございます。ご了承ください。

お使いの端末ではコンテンツを利用できません。

番組概要

バトンタッチ SDGsはじめてます

SDGsとは、2015年国連で採択された2030年までに全世界共通で達成する持続可能な開発目標。貧困、環境問題、ジェンダー…持続可能かつ多様性のある社会実現にむけた17のゴールと169のターゲットから成り立っています。
BS朝日は、SDGメディアコンパクトに加盟し、この4月SDGsをテーマに据えたレギュラー番組「バトンタッチ SDGsはじめてます」をスタートします。

2030年は、今から10年後。
番組では、これからを担いSDGsに関心を寄せる若者たちが、既にSDGsに取り組んでいる人や団体、自治体や企業を訪ねます。そこで目にするのは、人間、社会、地球環境にまつわる「持続可能な未来」への活動とその裏にある“思い“。問題解決への学びや気づき、行動の原点などに若い世代が触れ、感じることによって、SDGsにかかわる=「未来へのバトン」をつないでいくヒューマンドキュメンタリーです。

“いま”から“いま”へと受け渡し、人と、社会と、地球の持続可能な未来へと繋がっていくSDGsバトンリレーをお届けします。

ナビゲーター:谷原章介

■ナビゲーター 谷原章介より■
「番組からSDGsのバトンを広げていきたい」

ここまで1年間ナビゲーターを務めさせて頂き、周囲からも多くの反響を頂いています。4月から放送時間が土曜夜6時というお子様などより多くの方に見て頂きやすい環境に移り、とても嬉しく思っています。
SDGsは、世代や性別、国籍、社会的な立場に関係なく、みんなが取り組むことだと思います。
4月3日の放送では、多摩川河川敷でのフリーライブラリー「川の図書館」という中学生の女の子がはじめたSDGsの取り組みをご紹介します。彼女がいかにして課題と向き合い、実現できたかを伝えることで、例えば、アイディアはあっても行動に移せない方、彼女より年下の小学生の子たちが何かをするきっかけになれたらいいな、と思います。
4月からも、自分自身も今からできる身近なことでの取り組みを続け、番組からSDGsのバトンを広げていきたいと考えています。