BS朝日

カテゴリー一覧

お知らせ

次回放送予定

「深海魚が地元のチカラに!」 小林龍二さん
「交通事故のない社会をつくりたい」 石川七瀬さん

「深海魚が地元のチカラに!」 小林龍二さん
「交通事故のない社会をつくりたい」 石川七瀬さん
 

「深海魚が地元のチカラに!」
小林龍二さん

三河湾に面した、愛知県蒲郡市にある水族館。
かつては1日のお客が10名ほど、誰も来ない日も。
閉館は間近と思われていた。その危機を救ったのが、今回の主人公

 

蒲郡市竹島水族館館長 小林龍二さん

お客さんにとって魅力的な水族館にするにはどうしたらよいか?
注目したのは「深海魚」。三河湾沖は水深が深く、様々な深海魚がよく網にかかる
蒲郡の皆さんは、昔からスーパーでお馴染みだった。でも泳いでいるところを
見ているわけじゃない。ならばできる限り展示してみるか?
とってくれる漁師さんたちは、「俺がとった深海魚だぜ」と自慢気。
気がついたら深海魚の展示数日本一に。来館者数も4倍の
年間約47万人にまで増加した。

地元に根ざした水族館づくりが、地域を盛り上げ、あらたな雇用を生み出す
可能性まで見えてきた。街を元気にする水族館の取り組み、ぜひご覧下さい。

 


 

「交通事故のない社会をつくりたい」
石川七瀬さん

突然の交通事故。咄嗟のことで事故の状況が思い出せないこともありますよね。そこで広まったのが、ドライブレコーダー。今ではおよそ半分の車が搭載しています。でも、「しゃべるドラレコ」があることはご存じですか?「ふらつきが多いようです。ご注意ください。」「この先、事故の危険が高い地点です。ご注意ください。」
例えばこんな風に運転者が事故を起こさないように注意喚起してくれるんです。
このドラレコ開発チームの人が今回の主人公

 

三井住友海上 石川七瀬さん

保険会社がドラレコを開発、社としても初めての挑戦だったそう。
そこには、「事故のことを色々と理解しているからこそ、事故を未然に防ぎたい」
という思いが。

日本で、昨年の交通事故は30万件以上。これをなくし安全に暮らせる社会を
つくるのは大切なSDGs。交通事故をなくすための取り組みを追いました。

 

見逃し動画

「バトンタッチ SDGsはじめてます」は放送終了後、期間限定で無料配信をしております。
※都合により視聴できない放送回もございます。ご了承ください。

お使いの端末ではコンテンツを利用できません。

番組概要

バトンタッチ SDGsはじめてます

SDGsとは、2015年国連で採択された2030年までに全世界共通で達成する持続可能な開発目標。貧困、環境問題、ジェンダー…持続可能かつ多様性のある社会実現にむけた17のゴールと169のターゲットから成り立っています。
BS朝日は、SDGメディアコンパクトに加盟し、この4月SDGsをテーマに据えたレギュラー番組「バトンタッチ SDGsはじめてます」をスタートします。

2030年は、今から10年後。
番組では、これからを担いSDGsに関心を寄せる若者たちが、既にSDGsに取り組んでいる人や団体、自治体や企業を訪ねます。そこで目にするのは、人間、社会、地球環境にまつわる「持続可能な未来」への活動とその裏にある“思い“。問題解決への学びや気づき、行動の原点などに若い世代が触れ、感じることによって、SDGsにかかわる=「未来へのバトン」をつないでいくヒューマンドキュメンタリーです。

“いま”から“いま”へと受け渡し、人と、社会と、地球の持続可能な未来へと繋がっていくSDGsバトンリレーをお届けします。

ナビゲーター:谷原章介

■ナビゲーター 谷原章介より■
「番組からSDGsのバトンを広げていきたい」

ここまで1年間ナビゲーターを務めさせて頂き、周囲からも多くの反響を頂いています。4月から放送時間が土曜夜6時というお子様などより多くの方に見て頂きやすい環境に移り、とても嬉しく思っています。
SDGsは、世代や性別、国籍、社会的な立場に関係なく、みんなが取り組むことだと思います。
4月3日の放送では、多摩川河川敷でのフリーライブラリー「川の図書館」という中学生の女の子がはじめたSDGsの取り組みをご紹介します。彼女がいかにして課題と向き合い、実現できたかを伝えることで、例えば、アイディアはあっても行動に移せない方、彼女より年下の小学生の子たちが何かをするきっかけになれたらいいな、と思います。
4月からも、自分自身も今からできる身近なことでの取り組みを続け、番組からSDGsのバトンを広げていきたいと考えています。