BS朝日

お知らせ

次回放送予定

こどもたちに意欲と創造性を! 認定NPO法人カタリバ
木造賃貸アパートで都市を変える! モクチン企画 連勇太朗さん

こどもたちに意欲と創造性を! 認定NPO法人カタリバ
木造賃貸アパートで都市を変える! モクチン企画 連勇太朗さん


 

こどもたちに意欲と創造性を! 認定NPO法人カタリバ

近ごろの若者は“自信や意欲が持てない”と聞いたことはありませんか?
事実、高校生へ「自分は価値のある人間だと思う」と質問したところ「そうだ」「まあそうだ」
と答えられたのは半分以下だったそうです。なんだかちょっとかわいそう。
今回はそんな若者たちに「居場所」と「きっかけ」を提供して
自己肯定感を高めるためのサポートをしている方たちからバトンを受け取ります。

 

認定NPO法人カタリバ 代表理事:今村久美さん・マネージャー・b-lab副館長:瀬川知孝さん
訪ねるのは、大学4年生の中谷智一さん。
中高生の時は、野球と勉強で忙しい毎日を過ごしていたそうです。
彼が向かったのは、文京区にある施設「b-lab」。文京区に在住・在校する中高生が誰でも利用でき、
学校や学年の違う若者が様々な経験ができるようサポートする場所。
案内してくれたのは副館長の瀬川さん。
中に入ってみると、参考書、小説、漫画、さらには楽器やゲームに囲まれ、
それぞれの場所で思うままに過ごす中高生の姿が。

ここを運営するのが認定NPO法人カタリバ。代表の今村さんは、全国の若者たちに学びの種を
提供したいとの思いから、団体を立ち上げました。
生活環境の違いや住む地域によって、意欲や創造性を育むきっかけを奪われてしまう子どもたち。
そんな彼らに、タテの関係(先生や親)やヨコの関係(友達)ではない【ナナメの関係】の人
と接する居場所を作ってあげることで、子どもたちの新たな興味を引き出すお手伝いをしているんです。

そんなカタリバが、今年立ち上げたのが「カタリバオンライン」コロナ禍による休校などで
学ぶ機会を失った子供たちに、オンラインで独自のプログラムを提供する取り組みです。
今回は、中谷くんが実際に子ども達を相手に、50分のプログラムに挑戦。
子ども達に、ナナメの関係から自分の思いを伝えます。

新たな興味に出会うきっかけづくりと、それを支えるナナメの関係の大人たち。
新しい学びの“形”が、若者たちの“未来”を変えていきます。

カタリバが始めたSDGsぜひ御覧ください。
  


 

木造賃貸アパートで都市を変える! モクチン企画 連勇太朗さん

およそ7軒に1軒。これは日本にある空き家の割合(*)そんなに多いのかと
ちょっとびっくりしてしまいます。街のあちこちに建築中のビルがある一方で
借り手が見つからなかったり、建て直しできずに放置される建物もある。
そんな状況に「もったいない!」と立ち上がったのが今回の主人公。

©Chikako Ishikawa

 

モクチン企画 代表理事 連勇太朗(むらじゆうたろう)さん
訪ねるのは長谷川ミラさん
学生をしながらファッションブランドも手がけるミラさん。
環境問題にも関心があり自身のyoutubeチャンネルでも
情報を発信しています。

まずはモクチン企画の事務所へ
築53年の木造建築を連さん自ら改修しています。
天井を取り払って木の梁を活かしたり、壁を壊して大きな窓をつけたり
浴室のタイルの上にはアクリルの床を張り、装飾として模様をチラ見せ。
「木造建築って改修で自由に変えられることも多いんです」
そう、連さんが注目しているのは「木造建築」の空き家。

大学院生の時、木造アパートを改修するワークショップに取り組み
その可能性に気づいた連さん。1960年代から2000年頃までに建てられた木造賃貸住宅(=モクチン)は都内だけでも20万軒もあるそうです。中には現代のニーズに合わず、空き家になっている部屋も多い。それらが改修によって生かされれば街だって変えられるかもしれないと連さんは考えています。

一軒でも多くのモクチンを生まれ変わらせるために連さんが考え出した方法は、改修のためのアイデアを「レシピ」としてネットで無料公開すること。それを持続するため今までにない仕組みづくりに取り組んできました。
「街を魅力的にするために、私たち一人一人にできることはあるはず」
連さんのはじめたSDGsぜひご覧下さい。

*2013年総務省統計

番組概要

バトンタッチ SDGsはじめてます

SDGsとは、2015年国連で採択された2030年までに全世界共通で達成する持続可能な開発目標。貧困、環境問題、ジェンダー…持続可能かつ多様性のある社会実現にむけた17のゴールと169のターゲットから成り立っています。
BS朝日は、SDGメディアコンパクトに加盟し、この4月SDGsをテーマに据えたレギュラー番組「バトンタッチ SDGsはじめてます」をスタートします。

2030年は、今から10年後。
番組では、これからを担いSDGsに関心を寄せる若者たちが、既にSDGsに取り組んでいる人や団体、自治体や企業を訪ねます。そこで目にするのは、人間、社会、地球環境にまつわる「持続可能な未来」への活動とその裏にある“思い“。問題解決への学びや気づき、行動の原点などに若い世代が触れ、感じることによって、SDGsにかかわる=「未来へのバトン」をつないでいくヒューマンドキュメンタリーです。

“いま”から“いま”へと受け渡し、人と、社会と、地球の持続可能な未来へと繋がっていくSDGsバトンリレーをお届けします。

ナビゲーター:谷原章介

【谷原章介さんコメント】
SDGsは17の目標から成り立っていますが、自分は子供が多いこともあって、特に「子供の貧困」に関心があります。スマホなど、物を持っているからと言って豊かなわけではない、今の日本では可視化されない貧困がある、と日々感じています。

「子供の貧困」の背景には、社会の経済成長の後ろにあるひずみから来る様々な複合的な背景・要因があり、なかなか解決することは、簡単ではありません。ただ、絶えず関心を持ち続け、SDGsが目指すよう「誰も取り残さない」「持続可能に」向き合っていくことが大事だと思います。

2030年にむけては、どんな子供でも、夢をもって、挑戦できる社会にしていきたい。子供が希望や夢をもてない社会に未来はないと思います。社会・経済がうまくまわっていないと、心に余裕もなくなり、ネット等で他人のミスをみんなで攻撃してガス抜きをする、そんなことも最近多いのでは、と感じます。

番組では、SDGsに関する取り組みをしている様々な大人たちを取り上げていきます。その姿を伝えること、また、僕たち社会で働いている世代1人1人がSDGsに向き合うことを通して、ゆとりをもった弾力性のある社会、子供たちに大人って楽しい、かっこいい、と言われ、人を支えられる社会にしていきたい、と思います。