BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    お知らせ

    「4Kアワー」で「子供たちに残したい美しい日本のうた」を再放送しています。
    詳しくはこちら

    次回放送予定

    冬に贈る心温まるうた特集


    ♪楽曲♪
    ■見上げてごらん夜の星を(永六輔作詞 いずみたく作曲) 東混ゾリステン
    ■大きな古時計(保富康午訳詞 ヘンリー・クレイ・ワーク作曲) びわ湖ホール声楽アンサンブル
    ■おもちゃのチャチャチャ(野坂昭如作詞 吉岡治 補作詞 越部信義作曲) えびな少年少女合唱団
    ■手のひらを太陽に(やなせたかし作詞 いずみたく作曲) 東混ゾリステン
    ■雪山讃歌(西堀榮三郎作詞 アメリカ民謡) ザ・ジェイド
    ■1ねんせいになったら(まど・みちお作詞 山本直純作曲) 東混ゾリステン

    ミニ情報

    冬に贈る心温まるうた特集

    「大きな古時計」の歌が生まれたのは1874年です。アメリカ人のヘンリー・クレイ・ワークの作詞、作曲によるものです。実は、この歌の誕生にはあるエピソードがありました。
    ワークがイギリスを訪れた際に泊まったホテルの玄関ロビーに動いていない大きな時計が置かれていました。ホテルの主人に聞くと、このホテルを所有していたジェンキンスという二人の兄弟がいました。
    ある日、弟が病に倒れ亡くなるとそれまで正確だった時計が遅れだしたのです。その後、後を追うように兄も亡くなり遂に時計は止まってしまいました。針が指していたのは兄が亡くなった11時5分。この話を聞いたワークは、すぐに歌を書き上げたといいます。
    現在、日本語の訳として多くの人に知られているのは和歌山県すさみ町生まれの保富康午によるものです。

    放送予定

    • 日本の四季を巡る歌特集
    • 名曲セレクションⅠ
    • 日本の四季を巡る歌特集

    番組概要

    この番組は、子供から大人まで幅広く歌い継がれてきた童謡や唱歌、愛唱歌をじっくりご紹介します。
    また、美しい4K映像で歌の誕生した土地、作者の育った土地などを美しい風景と共にご紹介します。
    歌をご紹介するだけでなく歌が誕生した社会背景や作曲家、作詞家のエピソードなども織り交ぜて、その「うた」の魅力をお伝えします。
    歌を歌うのは、プロのコーラスグループ、少年少女合唱団や歌にまつわるその土地人々です。

    ♪音楽アドバイザー♪
    千住明

    ♪語り♪
    小宮悦子

    えびな少年少女合唱団(主宰・指導:籾山真紀子)

    神奈川県海老名市に2003年発足。合唱を通して豊かな心を育み、わらべ歌・唱歌・童謡・こどもの歌を通して、忘れ去られつつある日本のよき文化を伝えて行く担い手として成長することを目標にして活動している。地域での活動の他、コンサートやオペラへの出演、CD録音等々さまざまな場で活動している。

    びわ湖ホール声楽アンサンブル

    滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールの開館に先がけ1998年3月設立。ソリストとしての高水準の実力だけでなく、アンサンブル、合唱の中核となるバランスのとれた声楽家により構成。びわ湖ホール自主公演のオペラ、オーケストラ公演へ出演する他、歌曲・合唱曲等の声楽曲に取り組んでいる。また滋賀県内の学校を対象とした音楽普及活動も行う。

    東混ゾリステン

    日本を代表するプロ合唱団「東京混声合唱団」のメンバーから選ばれた8名で編成する混声の声楽アンサンブル。各人の高い演奏技術や音楽性で、大編成とは違ったアンサンブルの醍醐味を見事に表現している。レパートリーも多彩を極め、ルネッサンスの無伴奏合唱曲から日本の抒情歌、国内外の民謡など幅広いプログラムで演奏活動を行っている。

    この番組は4Kで制作しています。
    「BS朝日4Kチャンネル」では4K映像でご覧頂けます。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!