BS朝日

出演者

  • モク・ヘウォン(パク・ミニョン)

    元・チェロ講師。18歳の頃、母が父を死亡させたとして過失運転致死傷罪に問われ、祖母がペンションを営むプクヒョンリで叔母ミョンヨと共に暮らすことになった。ソウルの大学に進学して音楽塾に就職するが、都会の暮らしに疲れてプクヒョンリに戻る。ウンソプのさりげない優しさによって、傷ついた心が少しずつ回復していく。
    「犯人はお前だ!」「彼女の私生活」「キム秘書はいったい、なぜ?」

  • イム・ウンソプ(ソ・ガンジュン)

    古民家の小さな書店“グッドナイト書房”の店主。高校の同級生だったヘウォンに片想いしており、一年に数日の帰省を心待ちにしている。今回は春まで長く滞在するというヘウォンがアルバイトを探していると聞き、書店の店番を任せる。不眠症ぎみで、夜中にブログを書くのが日課。ときどき不意に姿を消して、裏山に入ることがある。
    「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」「第3の魅力~終わらない恋の始まり~」「キミはロボット」

  • イ・ジャンウ(イ・ジェウク)

    ウンソプの親友。ソウル大を出たが、地元に戻ってヘチョン市庁に勤務している。小学校の頃から成績トップの生徒会長で、人気者だった。周囲からはもっと華やかな職業に就くだろうと思われていたが、両親の希望で公務員の道を選んだ。両親に結婚を急かされているが、見合い結婚はしたくない。高校時代からウンシルに片想いしている。
    「ドドソソララソ」「偶然見つけたハル」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」

  • キム・ボヨン(イム・セミ)

    英語塾の講師。高校時代、ソウルから転校してきた美しいヘウォンに自分から話しかけて親しくなるが、彼女が打ち明けてくれた秘密をうっかり漏らして険悪になってしまう。ヘウォンがプクヒョンリに帰ってきたことを知り、何とかして誤解を解こうとするが、以前のような関係には戻れない。高校の時からウンソプに片想いしている。
    「女神降臨(原題)」「私の恋したテリウス~A Love Mission~」「トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中!?~」

  • オ・ヨンウ(キム・ヨンデ)

    ソウルでカフェを経営するバリスタ。ヘウォンの同級生。ソウルから転校してくるやいなやヘチョン高校の人気ナンバー1に君臨した、クールなイケメン。他の生徒たちとは違い、自分にほとんど興味を示さないヘウォンを不思議に思う。卒業後、久々に訪れたプクヒョンリで思いがけずヘウォンと再会し、彼女の感情を揺さぶりたくなる。
    「ペントハウス(原題)」「浮気したら死ぬ(原題)」「偶然見つけたハル」