狂気の愛

狂気の愛

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 関連商品
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

キャスト

ユン・ミソ役

施設の「天使園」で育ち、引き取られた先で「笑顔」という意味の「ミソ」と名付けられる。ミンジェと結婚し娘ヘラムを授かるが、息子がいないことを理由に姑からミンジェとの離婚を迫られている。そんな中ギョンスと出会い、優しい言葉に慰められる。

パク・ソニョン

1976年8月21日生まれ。 96年にデビューし、「王の女」(03)、「18・29〜妻が突然18才!?」(05)、「冬鳥」(07)など、数多くの作品に出演。悪女から悲劇のヒロイン、元気ハツラツな役柄まで見事に演じ分ける実力派として高く評価されている。 出演作:「キムチ~不朽の名作」(12)「ソル薬局の息子たち」(09)

ソ・ギョンス役

法律事務所で弁護士として働いている。ヘリョンと結婚したものの、自分への異常な執着に疲れ果てている。そんな中ミソと出会い、ヘリョンとは対照的で明るいミソにひかれていく。しかし、かつてミソの養父の会社を倒産に追い込んだ過去があり、罪悪感にさいなまれる。

コ・セウォン

1977年12月13日生まれ。
長く下積み時代を過ごす。07年の「生意気なヨンエさん」を皮切りに主要キャストとして出演するようになり、12年に高視聴率を記録した「星も月もあなたへ」で注目を浴びる。13年には日本でのファンミーティングも成功させている。 出演作:「シンデレラのお姉さん」(10)「怪しい三兄弟」(09)

ハン・ナヨン役

ミソと同じ「天使園」の出身。暖かい家庭に引き取られたミソとは対照的に、貧しい家庭で暴力を受けて育ち、ミソに対して激しい恨みを抱えている。ミソの夫ミンジェと同じ会社で働いているが、過去については隠している。そんな中、ミンジェを誘惑してミソの幸せを奪おうと画策する。

キム・ヨンジュ

1980年8月30日生まれ。
99年にミス・コリア「真」に輝き、00年に「母よ娘よ」で女優デビュー。その後、クォン・サンウ主演の「悲しき恋歌」(05)に出演して話題を呼んだ。08年には「ヨメとお嫁さま」で主演を務めるなど女優としても評価され、本作でも美貌と妖艶な魅力でその存在感示している。
出演作:「栄光のジェイン」(11)「スカーレットレター~裏切りの代償~」(10)

イ・ミンジェ役

ミソの夫で母ミョンジャが社長を務めるCKグループの企画本部長。家庭では愛妻家で、娘のヘラムを可愛がる頼りがいのある良き夫だが、母と妻の間で板挟みになっている。そんなある日、酒に酔った勢いでナヨンと関係を持ってしまう。

ホ・テヒ

1980年4月7日生まれ。 かつてホ・スンジェという名でコメディアンとして活動し、俳優に転向するためにトレーニングを積んで17キロの減量に成功したユニークな経歴を持つ。10年に出演した「パスタ~恋が出来るまで~」で脚光を浴び、その後も「ゴールデンタイム」(12)など数々の話題作に出演している。 出演作:「烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち」(11)「マイ・プリンセス」(11)