韓国ドラマ劇場「ガラスの華」

  • 番組トップ
  • イントロダクション
  • ストーリー
  • キャスト
  • ガラスの華を語ろう

キャスト

山本 祐一(ハン・ドンジュ)役/イ・ドンゴン

<役柄>
川に溺れ死にかけていたところを恵子に助けられ、日本人夫婦の養子として日本で育つことになる。特に、自分の命を救ってくれた養母の恵子には特別な感情を持ち、母親思いの優しい男の子である。
「三銃士」のころの記憶は失っていないが、唯一自分の元々住んでいた場所を思い出せずにいた。そういうドンジュに韓国出張という、自分探しの機会が訪れ、この出張を機に、自分探しを始めることにする。実は、韓国出張前にすでに「オカリナの少女」に再会していたのだが、そのことに最初は気づかない。チャン・スヨンという彼女がいるのだが、ジスとの「再会」によってドンジュの心は・・・

シン・ジス役/キム・ハヌル

<役柄>
このドラマのヒロイン。特技はピアノ、趣味はカメラ。
大事にしていたオカリナのせいで、ドンジュが川に溺れてからは、一切、ギテにすらオカリナの話をしなくなった。
元々ドンジュが好きだったが、「三銃士誓約」の時に、ふたりのうち、どちらかがいなくなったら、残ったほうがジスを守り抜くという約束によってギテに「守られながら」育ってきたのだが、ドンジュとの再会で次第に・・・

パク・ギテ役/キム・ソンス

<役柄>
ドンジュ、ジスと一緒に「三銃士」のメンバーとなり、ドンジュが川に溺れてからは、それまでドンジュにたいして遠慮していたジスへの気持ちをあらわにするようになる。
しかし、父親に冷遇されながら育ったせいで、ジスからはいつも「愛」の見返りを求めようとする。
死んだと思っていたドンジュが生きていたことを知り、さらには、ドンジュと、恋愛だけでなく仕事でもライバルになることで、彼の感情は複雑になっていき・・・

谷 真人役/金子 昇

<役柄>
ドンジュ(祐一)とは親友で、高校の時には、ドンジュと一緒にバンド活動をしていた。ドンジュがグループから抜けた後も、彼をはじめとしたメンバーは音楽活動を続け、現在では日本で超売れっ子グループにまで成長した。どんなに忙しくてもドンジュが会いたいと言えば、たとえ新曲のレコーディング中であっても快くスタジオに呼んで、気楽に会えるほどの仲だ。

山本 恵子役/黒田 福美

<役柄>
山本幸雄の妻。
ある日偶然、韓国で溺死寸前のドンジュを救い、自分の養子として育てることにする彼女は、ドンジュを「息子」として育てながらも、「男」として、半ば恋をするほどにドンジュのことを溺愛している。体が悪いので、ドンジュが常に彼女のことを心配している。