サイン

サイン

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 関連商品
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

キャスト

パク・シニャン(ユン・ジフン役)

パク・シニャン(ユン・ジフン役)

[職種]国立科学捜査研究院 法医官
[年齢]36歳
[家族]
父亡き後、科捜研の法医官チョン・ビョンドのもとで育ち、彼が父親替わりに。

[性格]
潔癖性で融通が利かず偏屈だが、剖検の腕は一流でプライドも高い。
検視では冷静で客観的だが、血の気が多く、相手が年上やお偉方であろうと毒舌を振るい礼儀がないなど、人間性にやや問題あり。
仕事には妥協とミスを許さず、自己にも他者にも厳しい。
強い信念があり、それを貫くため無謀な行動に出ることもたびたび。
よって科捜研では問題児。他人に冷たそうに見えるが、死者の家族の思いをフォローするなど、実は心温かい面も。
恋愛より仕事に没頭し、失恋した過去あり。

[備考]
20年前に父親を亡くし、死因を突き止めてくれたチョン・ビョンドを見て法医官になることを決意。絶対的信頼を抱くビョンドの影響力は計り知れない。

[信念]「科学的な真実だけを追究する」

【パク・シニャン 出演作】
ドラマ「風の絵師」(08年)、「銭の戦争」(07年)、「パリの恋人」(04年)ほか

キム・アジュン(コ・ダギョン役)

キム・アジュン(コ・ダギョン役)

[職種]
ソウル地方警察庁 科学捜査係 検視官
→国立科学捜査研究院 新任法医官
[年齢]31歳
[家族]市場で魚屋を営む父親と、植物状態で入院中の妹

[性格]
正義感と情熱に溢れ、思い立ったら即行動の体当たり派で、一度信じたものに突き進むタイプ。
怖いもの知らずで、時に周囲を驚かせるような大胆な行動も。
明るく前向きな性格だが、整理整頓が苦手で資料は散らかり放題。
お節介で何にでも首を突っ込むきらいあり。

[備考]
研修医時代にドラマ「科学捜査班:CSI」の影響で、検視官に志望転向。一方では、妹を植物状態にさせた未解決の暴行事件も転向の要因。検視官としての初仕事でユン・ジフンに出会い、法医官を目指す。

[信念]
「生きた人間が嘘を言い、死者だけが真実を語るなら、私は死者に向き合い、真実を見つけます」

【キム・アジュン 出演作】
「アクシデント・カップル」(09年)、「海神─HESHIN─」(05年)ほか

チョン・グァンリョル(イ・ミョンハン役)

チョン・グァンリョル(イ・ミョンハン役)

[職種]
サンムン大学 法医学科長
→国立科学捜査研究院 院長
[年齢]50歳
[家族]独身(妻とは死別)

[性格]
穏やかな物腰とカリスマ性で人脈を築く術に長け、検察の幹部から政界の権力層に太いパイプを持つ。
表面上では決して感情的になることはないが、自分の信念を守るためには手段を選ばない冷酷さがあり、敵に回すと厄介。権力に固執するが、実際は人生のほとんどを捧げてきた科捜研と法医学の発展のために環境を整えることが目的で、ジフンとは違う意味での理想主義者でもある。

[備考]
科捜研への予算支援のため政界の権力者と癒着。
同志的存在だった先輩チョン・ビョンドとは過去のある事件により対立関係に。クラシック音楽に造詣が深い

[信念]「過ちを正すために権力を求めるのが私の生き方だ」

【チョン・グァンリョル 出演作】
「製パン王キム・タック」(10年)、「太陽をのみ込め」(08年)、
「王と私」(07年)、「朱蒙[チュモン]」(06年)、
「英雄時代」(04年)、「ホジュン~宮廷医官への道~」(99年)

チョン・ギョウン(チェ・イハン役)

チョン・ギョウン(チェ・イハン役)

[職種]松坡(ソンパ)警察署 強力係
[年齢]29歳
[家族]部長検事の父がいるが、安い部屋に1人暮らし

[性格]
一見チャラチャラしているが、勘が鋭く、仕事は優秀で頭も切れる。
ただし単独行動を好み、人の話を聞かず勝手に行動しては上司の大目玉を食らうことたびたび。人の心にすっと入り込む能力があり、重要情報を得ることも多い。眼鏡フェチ。

[備考]
警察大学を卒業後、江南署の麻薬取締部に配属されるエリートコースだったが、上司に逆らい1人で犯人を追い降格。異動、減俸と謹慎処分を受けた。

[信念]「自分のやり方でやらせていただく」

【チョン・ギョウン 出演作】
「ロマンスタウン」(11年)、「ドクター・チャンプ」(10年)ほか

オム・ジウォン(チョン・ウジン役)

オム・ジウォン(チョン・ウジン役)

[職種]中央地方検察 強力係検事
[年齢]35歳
[家族]1人暮らし

[性格]
何事もルールに従ってきっちりと進めたい生真面目な性格で、融通が利かない頑固者。出世願望が強く、小さな事件を軽んじがちだが、実は権力社会に反発を感じている。
男社会の中、必死で強い女を装い、努力でのしあがってきたが、実際は単純で騙されやすい面も。少女趣味。

[備考]
貧しい境遇の中、必死で勉強してソウル大学法学部に入学。ジフンの後輩で6年間付き合っていたが、プロポーズを断った過去あり。

[信念]「金持ちや権力者を踏みつけることが夢よ」

【オム・ジウォン 出演作】
「恋愛マニュアル~まだ結婚しない女」(10年)ほか