韓流モーニング 「善徳女王」

韓流モーニング 「善徳女王」

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 掲示板
  • 関連商品
  • 韓ドラの箱

キャスト

トンマン王女〔徳曼公主〕

チンピョン王とマヤ夫人の間に生まれた双子の妹で、のちの善徳女王。双子が誕生すると王族男子が途絶えるとの言い伝えにより存在を隠され、侍女のソファに育てられる。姉のチョンミョン王女と出会って自分が王女であると知ると、キム・ユシンの協力を得てミシルとの戦いに挑む。

イ・ヨウォン
1980年4月9日生まれ。170cm、48kg。 檀国大学演劇映画科。98年に『男の香り』でミョン・セビンの子役を演じてデビューを飾り、『子猫をお願い』(01年)で演技力が評価された。03年に結婚して一時芸能界を離れたが、出産後の05年に「ファッション70's」(SBS)で復帰を果たした。

ミシル〔美室〕

新羅の歴代王妃を輩出してきた王妃族の系列。ずば抜けた政治感覚と美貌を武器に歴代王を操って宮廷を我が物にしようとする妖女。神通力を持つとされて神政政治を行い、チンピョン王の権力を抑圧する。夫のセジョンを王座につけようと策略をめぐらせ、トンマン王女と対決する。

コ・ヒョンジョン
1971年3月2日生まれ。172cm、54kg。 東国大学演劇映画科。89年にミスコリア選抜大会に入賞して芸能界入り。95年に韓国ドラマの金字塔と呼ばれる「砂時計」(SBS)に出演して爆発的な人気を得た。その後、結婚して引退したが、離婚を経て05年の「春の日」(SBS)で復帰した。

チョンミョン王女〔天明公主〕

トンマン王女の双子の姉。華やかな宮殿で美しく育ち、夫のキム・ヨンスとの間に息子チュンチュをもうける。ミシルを警戒して感情を隠しているが、権力の情勢を見極めて逆転の機会を狙う。トンマンを王女に擁立しようと尽力し、キム・ユシンに秘めた愛情を抱く。

パク・イェジン
1981年4月1日生まれ。165cm、49kg。中央大学演劇映画科。 1998年に「LAアリラン」(SBS)でデビュー。代表作に『少女たちの遺言』(99年)『パリでの出来事』(04年SBS)がある。バラエティ番組『日曜は楽しい/ファミリーがやってきた』にもレギュラー出演し、人気を集めている。

ピダム〔毗曇〕

ミシルがチンジ王を誘惑して産んだ息子だが、正妃になる目的を果たせなかったミシルに生後間もなく捨てられる。ムンノに育てられ、自由奔放だが武術に長けた青年に成長。ミシルの手下に命を狙われたトンマン王女を助けて友情を育む。後に自分の出生を知り・・・。

キム・ナムギル
1981年3月13日生まれ。184cm、70kg。 明智専門大学演劇映像科。03年にMBC公開採用タレントとして芸能界入り。08年以前は芸名のイ・ハンで活動。「グッバイ・ソロ」(05年KBS)や「恋人」(06年SBS)で顔を知られ始め、同性愛を描いた『後悔なんてしない』(06)で演技力を高く評価された。

キム・ユシン〔金庾信]

伽耶出身の花郎徒のリーダー。幼い頃から武術に長け、冷静沈着な努力家。ミシルの手下に命を狙われたチョンミョン王女の命を救ったことでソラボルに呼ばれ、トンマンを自分の郎徒(ナンド)として鍛える。やがてトンマンを愛するようになるが、三国統一の夢のために同志になる。

オム・テウン
1975年4月5日生まれ。180cm、74kg。 国民大学映画科。98年に『あきれた男たち』でデビュー。「怪傑春香」(05年KBS)での悪役で知名度が高まり、「復活」(05年KBS)でブレイクした。代表作は「魔王」(07年KBS)、『私たちの生涯、最高の瞬間』(08年)。姉は歌手兼女優のオム・ジョンファ。

キム・チュンチュ〔金春秋〕

チョンミョン王女の息子で、のちの新羅第29代王・武列王。思慮深く冷静で、トンマン王女やキム・ユシンとともに三国統一の礎を築く。

ユ・スンホ
1993年8月17日生まれ。『おばあちゃんの家』(02年)で一躍注目を集め“国民の弟”と称されるように。「悲しき恋歌」(05年MBC)ではクォン・サンウの、「太王四神記」(07年MBC)ではペ・ヨンジュンの子役を演じて日本でも有名になった。現在は身長も伸びて子役からの卒業を図っている。

アルチョン〔閼川〕

ソラボル十花郎のひとつ飛天之徒のリーダー。初めはトンマン王女やユシンを軽視していたが、のちに固い友情と忠誠心で結ばれる。

イ・スンヒョ
1980年5月5日生まれ。178cm、65kg。 中央大学芸術大学院公演映像学部。05年「ドラマシティ/兄貴が恋に落ちた」(KBS)でデビュー。「デジョヨン」(06年KBS)に出演後、本作のアルチョン役を射止め、一躍時の人となった。父は陶磁器専門鑑定家のイ・サンムン。

ウォルヤ〔月夜〕

滅亡した伽耶の王子。伽耶勢力を復興しようとする秘密結社のリーダーとして活動する中でユシンと手を組み、トンマン王女に仕える。

チュ・サンウク
1978年7月18日生まれ。180cm、70kg。 南ソウル大学視覚デザイン科。99年に青少年向けドラマ「君の夢を広げろ」(EBS)でデビュー。07年に「エアシティ」(SBS)に出演して注目を集めた。「カクテキ」(07年MBC)や「チュンジャさん家はお祭り騒ぎ」(08年MBC)での御曹司役が大好評。

チンピョン王〔真平王〕

トンマン王女とチョンミョン王女の父で、新羅第26代王。15歳で王座に就くが、ミシル側の勢力に実権を握られる。生まれてすぐに手放したトンマン王女が目の前に現れ、彼女が王にふさわしい資質を備えていると知ると、サポートをするとともにミシルへの反撃を開始する。

チョ・ミンギ
1965年11月5日生まれ。178cm、72kg。 中央大学芸術大学院。舞台俳優として活躍後、91年『死の賛美』でスクリーンデビューした演技派中堅俳優。08年には「エデンの東」でソン・スンホンの敵役を演じて話題を集めた。代表作は「止まらない愛」(02年KBS)、「愛と野望」(06年SBS)など。

マヤ夫人〔摩耶夫人〕

チンピョン王の正妃。従順で聡明な女性だが、トンマン王女とチョンミョン王女を産んだ後、王子を産めなかったために自分を責め続ける。

ユン・ユソン
1969年1月17日生まれ。 ソウル芸術専門大学放送演芸科。6歳から子役タレントとして活躍し、愛らしい容姿で人気を集めた。芯が強 くて情に厚い役柄がハマり役で、代表作には「グッバイ・ソロ」(06年KBS)、「春のワルツ」(06年KBS)、「宮~Love in Palace」(06年MBC)などがある。

ムンノ〔文努〕

花郎の総指導者で武芸の達人。「北斗七星が8つの星になるときミシルに対抗する者が現れる」との予言を受け、その予言を成すであろう双子の王女を守ろうとする。チルスクに命を狙われたトンマン王女を救った後に姿を消す。

チョン・ホビン
1969年4月28日生まれ。182cm、73kg。 演劇で経験を積み、01年『友へ チング』でスクリーンデビュー。「オールイン 運命の愛」(03年SBS)でのマフィア役で存在感を見せると、「朱蒙」(06年MBC)での護衛兵士ウテ役で一躍有名に。代表作は「H.I.T女性特別捜査官」(07年MBC)など。

キム・ヨンチュン〔金龍春〕

廃位されたチンジ王の次男で、チョンミョン王女の亡き夫キム・ヨンスの弟。謙虚で真面目な人柄で、王家に忠実に仕える。

ト・イソン
1980年8月29日生まれ。180cm、60kg。 檀国大学英語英文学科。00年にMBC公開タレントとして芸能界入りし、「天女と詐欺師」(03年SBS)や「どれだけ好きなの」(06年MBC)などに出演。08年には「エジャと姉のミンジャ」(SBS)でソ・イヒョンの相手役を務めて人気を集めた。

チルスク〔染宿〕

ミシルの命令を受けて15年間トンマン王女の行方を捜し続ける。捕える寸前でトンマン王女を逃がし、視力を失って新羅に舞い戻るが…。

アン・ギルガン
1966年8月24日生まれ。185cm、85kg。 97年『三人組』でスクリーンデビューし、個性派俳優として活躍。06年の「無敵の新入社員」(SBS)への出演をきっかけにドラマ界にも進出し、「王と私」(07年SBS)のケドチ役や「イルジメ」(08年SBS)のコンガル役で視聴者から愛された。

ソファ〔昭火〕

チンピョン王の侍女。チンピョン王にトンマンを託されて実娘のように育てる。チルスクに追われて砂漠に逃げ込み、行方不明になるが…。

ソ・ヨンヒ
166cm、46kg。東國大学演劇映画科卒。99年に演劇「モスキート」でデビュー。『麻婆島―マパド』(05年)や、「悲しみよ、さようなら」(05年KBS)などヒット作に出演して知名度を上げた。「ヨメ全盛時代」(07年KBS)では売れない放送作家役をキュートに演じている。

ソルォン〔薛原〕

花郎徒の第9代首長。ミシルの情夫。チヌン王に仕えていたが裏切る。切れ者の戦略家で、ミシルの手足となって動く。

チョン・ノミン
1966年8月28日生まれ。176cm、74kg。 順天郷大学英語英文学科。航空会社の社員であったが、CM監督にスカウトされて芸能界入り。「愛と野望」(06年SBS)で顔を知られ始めると、「悪い女、善い女」(07年MBC)で主演を果たした。エリックとともに刺客役を演じた「最強チル」(08年KBS)も好評。

チュクパン〔竹方〕

元詐欺師で頭が切れる。トンマン王女を騙そうとして知り合い、ともに郎徒(ナンド)になる。のちに女王となったトンマン王女の護衛兵士となる。

イ・ムンシク
1967年11月13日生まれ。170cm、61kg。 漢陽大学演劇映画科。大学時代から演劇を始め、エキストラも経験した苦労人。脇役も含めて出演作は本人にもわからないほど多数。コミカルな演技には特に定評がある。韓国版「101回目のプロポーズ」(06年SBS)では武田鉄矢が演じた役柄を熱演。