「太祖王建」

「太祖王建」

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 年表
  • 動画
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

キャスト

チェ・スジョン(ワンゴン役)

松嶽<ソンアク>(現在の開城<ケソン>)の豪族、ワン・リュンの一人息子。トソンから将来王になるとの予言を受けて生まれる。

チェ・スジョン

1962年生まれ。87年にドラマ「愛が花咲く木」(KBS)で本格デビューし、青春スターとしてブレイクする。「初恋」(96年KBS)、「野望の伝説」(98年KBS)、「あの青い草原の上で」(03年KBS)をはじめ、多数のドラマに主演している。本作で2001年度のKBS演技大賞を受賞して以来、「海神」(04年KBS)、「大祚栄」(06年KBS)など、大河ドラマの主役の第一人者となる。夫人は女優のハ・ヒラで、韓国芸能界一のおしどり夫婦として有名。

キム・ヨンチョル(クンイェ役)

新羅キョンムン王の庶子で、王宮を追われる際に左目を失う。世達<セダル>寺で修行の日々を送っていたが、弥勒の世界を開くために旅立つ。

キム・ヨンチョル

1953年生まれ。民芸劇団に在籍後、78年にTBC公開採用18期でデビュー。「野人時代」(02年SBS)のキム・ドゥハン(壮年期)役や、映画「甘い人生」(05年)のカン社長役、「どれだけ好きなの」(06年MBC)のイ・マンボク役など、風格のあるボス的な役柄で定評がある。89年の百想芸術大賞・男性演技賞の受賞をはじめ、受賞経歴も多数あり、本作では2000年度のKBS演技大賞を受賞している。

ソ・インソク(キョンフォン役)

ウィホン邸の護衛隊長。武力を買われて西南海の反乱鎮圧に向かうが、そこで朝廷に反旗を翻し、自ら王を名乗る。

ソ・インソク

1949年生まれ。68年に実験劇団で演技を開始、75年にKBS公開採用3期でデビュー。「武人時代」(03年KBS)のイ・ウィバン役、「淵蓋蘇文」(06年SBS)の唐・太宗役など、大河ドラマでの大役を多く務めている。78年の東亜演劇大賞など、受賞経歴も多数あり、本作でも2001年度のKBS演技大賞・最優秀演技賞を受賞している。息子は、映画「許されざるもの」(05年)などで注目を集めた俳優のソ・ジャンウォン。

キム・ヘリ(ヨンファ役)

信川<シンチョン>の豪族、カン長者の一人娘で、ワンゴンの許嫁。

キム・ヘリ

1969年生まれ。88年にミスコリア・善に輝いて芸能界デビュー。「竜の涙」(96年KBS)の孝嬪キム氏役、「王と妃」(98年KBS)の恵嬪ヤン氏役、「シンドン」(05年MBC)のキ皇后役など、時代劇への出演も多数。映画「千年湖」(03年)ではチンソン女王役を演じた。92年にKBS演技大賞・新人賞を受賞したほか、本作でも2001年度のKBS演技大賞・女性演技賞を受賞している。08年2月、事業家と結婚した。

キム・ガプス(チョンガン役)

世達<セダル>寺の僧。クンイェが天下を取る器と見て、付き従う。幼いワンゴンを、将来危険人物になると見て、警戒する。

キム・ガプス

1957年生まれ。77年に劇団・現代劇場の1期生としてデビュー。映画「太白山脈」(94年)で大鐘賞・主演男優賞を受賞、「トンケの蒼い空」(03年)など映画のほか、多数のドラマに出演している。特に「海神」(04年KBS)のイ・ドヒョン役、「土地」(05年SBS)のチョ・ジュング役、「淵蓋蘇文」(06年SBS)の隋・煬帝役など、個性的な悪役で人気がある。05年にSBS演技大賞・助演賞を、06年にSBS演技大賞・最優秀演技賞を受賞している。

カン・インドク(ユ・グムピル役)

カン長者の家臣で武術に長け、宴席でクンイェの目に留まる。のちにワンゴンの忠臣となる人物。

ペク・インチョル(ファン・ソンギル役)

ヤンギルの部下だったが、のちにクンイェの部下となる。武勇さにかけては誰にも劣らない。

チョン・ジン(ヌンファン役)

キョンフォンの部下。知略に長け、軍師の役割を果たす。

カン・ジェイル(チュ・ホジョ役)

キョンフォンの部下。勇猛だが、少々短気な性格。

キム・シウォン(ヌンチャン(スダル)役)

西南海一帯を支配する海賊の頭目。水戦に長けスダル(カワウソ)の異名を持つが、キョンフォンに惨敗し、忠実な部下となる。

クム・ボラ(パク氏役)

キョンフォンの妻。キョンフォンが西南海へ赴任する際、幼いシンゴムと共に同行する。

キム・ソンギョム(アジャゲ役)

尚州<サンジュ>地方の豪族で、キョンフォンの父。親の命に背いて家を飛び出したキョンフォンとは、水と油の間柄である。

チョン・ムソン(チェ・スンウ役)

三崔<チェ>と称される当代最高の学者であったが、キョンフォンの人間性に感服して臣下となり、軍師として国家運営に多大な役割を果たす。

パク・サンジョ(ウンブ役)

ヤンギルの部下だったが、裏切ってクンイェの側に付く。内軍将軍として、チョンガンとと共にクンイェ王国の基盤を築く。

キル・ヨンウ(ポク・チギョム役)

文武に長け正道を尊ぶ人物。ヤンギルの忠臣だったが、クンイェの溟州<ミョンジュ>攻略に同行し、結果的にヤンギルを裏切ることとなる。

キム・ヒョンイル(ヌンサン役)

偃月刀の使い手。各地を放浪していたが、松嶽<ソンアク>の王宮工事現場でワンゴンと出会い、義兄弟の契りを結んで終生の忠誠を誓う。

キム・ハクチョル(パク・スリ役)

鉄槌の使い手。ヌンサンと共に各地を放浪していたが、ワンゴンと出会い、義兄弟の契りを結ぶ。酒と肉が大好物。

チェ・ジュボン(イ・フナム役)

ファン・ソンギルとは姻戚関係にあり、同じくヤンギルの部下だったが、溟州<ミョンジュ>入城とともにクンイェの部下となる。