BS朝日

バックナンバー

#115

ハンドボール・徳田新之介

出演アスリート   ハンドボール・徳田新之介
ジュニアアスリート  古澤宙大くん(小学6年生)

115回目の出演アスリートは、ハンドボールの徳田新之介(とくだ しんのすけ)選手、22歳。日本代表で活躍しているサウスポー、現在はハンガリーリーグでプレーしています。ジュニアアスリートは小学6年生の古澤宙大(ふるさわ そら)くん。東京都大会で優勝し、10連覇を達成しました。キャプテンとしてチームを引っ張っています。相手に取られないような有効的なシュートを教えてほしいという宙大くんに徳田選手がアドバイスします。
そして、ジュニアアスリートのトレーニングを支える「食」について、早稲田大学スポーツ科学学術院の田口素子教授が分かり易く解説します。
115回目の今回は、“1食あたりの主食の量を覚えよう!”というお話です。
メニューはごはん、スープ、鮭のムニエル、付け合わせ、サラダ、フルーツ、牛乳。活動量が多めの12歳男子だと少なくても1日約3000kcal必要で、1食あたり1000kcalになります。このうち500~600kcalが主食の目安。1食につきコンビニおにぎりで3個分のご飯、食パン2.5枚、ゆでうどん1.5玉程度が目安です。主食をしっかりとっておかずや野菜も充実させましょう。
将来の夢は「日本代表になること」と話す宙大くんに徳田選手がエールを送ります。