BS朝日

バックナンバー

#1747

“素”の911 ついに登場 久々の“大作”

57年も昔!の1963年にデビュー(当初の名前は901だった)したポルシェ911は、その翌年から生産が始められた“2.0で5ナンバー登録”のコンパクトなクーペだった。それは、何度か絶滅の危機にさらされつつも見事に生きのび、いつしか“スポーツカーの王者”として君臨、もはや“永遠”とさえ言われる存在になった。そんな911が8代目(コード名992)となって、先にテストしたカレラ4Sに続く第2弾の“いちばん安いベーシックモデル”911カレラがようやくやって来た。もちろん期待もしていたが、これほどとは思ってもみなかった。まさに新次元感覚。しかも実質的な“値下げ”が実現していたのだ。ポルシェ好きにとって、これは事件なのである。
 
登場車種:PORSCHE 911 Carrera