BS朝日

バックナンバー

#1760

メルセデスの“燃料電池車” SUVでしかもプラグイン!

メルセデス・ベンツから突然、燃料電池の第1弾であるGLC-FCELLというクルマを借り出せることになった。なぜ“突然”と感じたのかと言うと、かつて1990年代にはこの分野の第一人者であったメルセデスを含むドイツ勢が、2年ほど前から“クルマに水素を積む方式”を断念したとの情報を得ていたからだ。それはともかくとして、すでに先頭に立っているトヨタのミライが新型に生まれかわろうとする今になって、ようやく発売された(ヨーロッパと日本限定の4年間リース販売)“水素で走るベンツのSUV”の実体は、とても興味深い。そして“自動車大国”ドイツの徹底した電動化方針に驚くばかりなのである。
 
登場車種: Mercedes-Benz GLC F-CELL