BS朝日

バックナンバー

#1815

国産コンパクトSUV 好みの1台は?

トヨタ・カローラクロスの登場により、SUVはいよいよ“ファミリーカー”の主役になろうとしている。ワゴンやミニバンのような使い勝手の良さ、高いアイポイントによる“運転のしやすさ”といった従来の魅力に加え、シャシーの軽量化やハイブリッドによる燃費改善で、SUVはさらに身近な存在になった。ここに、マツダは個性的なデザインと新世代エンジンで、スバルは4WDにこだわりつつ、安全装備を進化させ、ニューモデルを相次いで投入したのである。
 
登場車種:TOYOTA カローラクロス/MAZDA CX-30/SUBARU FORESTER