BS朝日

バックナンバー

#232

原百合子 株式会社栃木リキュール 代表取締役

栃木県は「果物の宝庫」!その魅力をもっと全国の人たちに知ってもらいたい!
元バーテンダーの原は、生産者とタッグを組み栃木の農作物を使ったリキュールの製造会社を立ち上げた。
週に1回は生産者の元を訪れ、果物の特徴を学び試行錯誤の末に誕生した「栃木リキュール」。
創業1年にして、世界的な酒類品評会で老舗の酒造メーカーを押さえ、出品4点すべてが受賞という快挙を成し遂げた。
そして、今では、沖縄、北海道、広島など、各地の果物を使ったリキュールの生産依頼も届くようになった。
原と栃木の生産者の想いが全国に広がり始めている。

はら ゆりこ

1982年栃木県生まれ。
宇都宮市内の老舗バーでの修業を経て、姉と共同で無添加・無着色にこだわる手作りの果実酒を振る舞うバーを開業。
地元産のフルーツを求めて農家を訪ねるうちに、栃木の農家が抱える問題を知り、栃木産の農作物を使ったリキュールの製造会社の起業を決意する。