BS朝日

バックナンバー

#275

梶原健司 株式会社チカク 代表取締役

遠く離れて暮らす両親に孫の写真や動画を見せたい。梶原が考えたのは、小さな受信機をテレビにつなぐだけで、専用アプリから送られたデータを見ることができる「まごチャンネル」。インターネット環境がなくても、簡単にセットアップでき、高齢者がテレビのリモコンを操作するだけで使うことができる。
また家族の思い出以外にも、災害時にハザードマップを送るなど、社会インフラとしての役割も期待されている。

かじわら けんじ

1976年生まれ、兵庫県・淡路島出身。
 
1999年、新卒でアップルの日本法人に入社。
以後12年にわたって、ビジネスプランニング、プロダクトマーケティング、
ソフトウェア・インターネットサービス製品担当、
新規事業立ち上げおよびiPodビジネスの責任者などを経て、
2011年に独立。
2014年、株式会社チカクを創業。