BS朝日

バックナンバー

#274

竹林 拓 株式会社liketory 代表取締役

最近、女性の間で流行っているのがカフェなどで撮ったスイーツ写真のSNS投稿。
でも、インスタ映えするスイーツ店は都心が中心。
楽しみの地域格差をなくして、フォトジェニックなスイーツを日本全国に届けるため、
竹林が始めたのがスイーツの定額サービスだ。
レシピを監修するのは、世界の製菓コンテストで受賞歴を持つ一流パティシエ達。
見た目だけでなく素材や味にもこだわった限定スイーツを、出来立てで冷凍して
月に一度、ユーザーの元へ届ける。
定期便で届くのはスイーツだけではない。
写真映えをさらに良くするために、テーブルコーディネーターなどがスイーツに合わせて選んだ
食器やカトラリーもレンタルできる。
スイーツは、美味しさだけで選ばれる時代じゃなくなっていると語る竹林。
スイーツを食べるだけでなく、様々な楽しみの体験も提供したいと考えている。

たけばやし たく

1981年生まれ。兵庫県神戸市出身。
2012年、ドコモと電通の戦略子会社D2Cで、様々なアプリ事業、新規事業、
スマホ向けサービスを立ち上げ、アプリマーケティングの先駆者として活躍。
2013年、アプリ専門の広告代理店D2C Rの取締役就任。
2015年、(株)AI’mを起業。20社近くのスマートフォンビジネスの新規事業・
サービスを支援。
2020年4月、社名を(株)liketory に変更。フォトジェニックなスイーツの
定期サービス「LikeSweetsBOX」を開始。