BS朝日

バックナンバー

#311

水田悠子 株式会社encyclo

がんが治せるような時代が到来しつつある今、大きな課題に直面しているのは、
後遺症などと闘いながら、生きていかなくてはならない、がん後の人生だ。
 
そこで、水田が開発したのは、激しくむくむリンパ浮腫をケアする、医療用ストッキング。
主に、婦人科系のがんなどの、手術でリンパ節を取り除いた後遺症として発症する「リンパ浮腫」。
 
水田自身、子宮頸がんの術後、リンパ浮腫を発症。
むくみを防ぐため、毎日、圧迫する必要があり、
脚を締め付ける圧力が強い、医療用弾性ストッキングが欠かせないのだ。
 
そこで、目指したのは、医療ケアと美しさの両立。
一般的なストッキングと色や形が近く、多くの同じ疾患で苦しむ人々から支持されている。
さらに、リンパ浮腫は、国内だけで15万人もの患者がいるといわれ、
水田が目指しているのは、根本的なの課題の解決。
 
そこで、機械工学の専門チームと協力し、リンパ浮腫の症状を把握するための
取り組みも始めている。
 
人生のいかなるシーンでも、美しくありたいという思いが尊重されるような
社会を作りたいと水田は考える。

 

みずた ゆうこ

1983年東京都生まれ。
2013年、子宮頸がん手術の後遺症としてリンパ浮腫を発症。
医療用弾性ストッキングを毎日着用する生活を余儀なくされる
2020年5月、ポーラ・オルビスグループより株式会社encycloを創業。
化粧品会社のポーラ、オルビスでの10年以上にわたる企画開発の経験も活かし
リンパ浮腫の方に向けた新ブランドMAEÉ(マエエ)の商品開発に力を入れる。
2020年12月、機能性にも美しさにもこだわった医療用弾性ストッキングの販売を開始。