BS朝日

バックナンバー

悪魔がお前の名前を呼ぶ時

コンプレックスを長所に変えた個性派女優イエル

韓国ドラマ「悪魔がお前の名前を呼ぶ時」で、ハ・リプ(チョン・ギョンホ)の所属事務所の代表ソヨン役を演じたイエル。金髪のショートカットの姿かっこよく、いかにも仕事ができる女という感じがして魅力的です。イエルは、大ヒットドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」でのサンシンハルモニ(三神ハルメ)役で知名度をあげた女優。登場シーンがさほど多くないながらも印象的なシーンで登場し、ドラマをもりあげるキーマンとして話題をさらいました。その後も、ドラマ「花遊記<ファユギ>」でもチャ・スンウォン扮する牛魔王の敏腕秘書マ秘書役を演じて、個性派女優との地位を確立。イエルが登場するだけで、なにかが起きるのではないかとの期待がふくらむことから“シーンスティラー”の称号を得ました。
ところが、明るくはつらつとしたイメージとはうらはらに、学生時代は内国的な性格で友達を作ることが苦手だったそう。高校を辞め、高卒検定試験(大検)に合格したのちに、名門・成均館大学・演技芸術学科に進学して女優を志しましたが、個性的なルックスも彼女には最初はコンプレックスだったそうです。一時はアゴの整形手術を受けようとも考えたものの、有名医師からの「いつかはそのアゴが魅力となる」と手術を拒否されて思いとどまったという逸話も。コンプレックスを長所に変えて、ありままの姿で今の地位を得たイエル。これからも常に新鮮な姿で私たちを楽しませてくれることでしょう。