BS朝日

バックナンバー

恋愛体質~30歳になれば大丈夫

映画でひっぱりだこの演技派女優チョン・ウヒがドラマに!!

大ヒット映画「二十歳」、「エクストリーム・ジョブ」のイ・ビョンホン監督のドラマ初演出作品「恋愛体質~30歳になれば大丈夫」。ヒロインのジンジュ役を演じるのは演技派女優のチョン・ウヒ。イ・ビョンフン監督は彼女が注目されるきっかけとなった映画「サニー 永遠の仲間たち」の脚色を手掛けており、いつか自分の作品に起用してみたいと思っていたそうです。チョン・ウヒは、2011年の映画「サニー 永遠の仲間たち」でシンナー中毒の問題児役で強烈な印象を残すと、実在の女子中学生集団性暴行事件を描いた2013年の映画「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」で第35回青龍映画賞主演女優賞など15個もの賞を受賞して演技派女優としての地位を確立しました。また、毎日目覚めるたびに体が変わる男を描いた2015年の映画「ビューティ・インサイド」では、123人1役のキム・ウジンのうち、愛する女性に自身の秘密を告白する重要なシーンでのキム・ウジン役を、2016年の映画「哭声/コクソン」では、警察官を惑わす殺人事件の目撃者役を演じるなど、主演でなくとも印象に残る演技で観客を魅了しました。映画界でひっぱりだこゆえ、デビュー初期に端役で出演した作品を除いてドラマに出演するのは2017年の「アルゴン~隠された真実~」以来2年ぶり。彼女の貴重な主演ドラマをお見逃しなく!!