BS朝日

バックナンバー

私を愛したスパイ

まだまだある、笑いとトキメキが詰まったスパイ・ラブコメディ

 北朝鮮との緊張関係が続く韓国では、昔からスパイを題材にしたドラマが多数作られてきました。スパイの過酷な運命を描いた「IRIS-アイリス-」や「スノードロップ」のようなシリアスな作品はもちろん、「私を愛したスパイ」のようなラブコメディもたくさん作られています。
 
 本作でインターポールの諜報員に扮したエリックは、過去にも「ラブ・ミッション~スーパースターと結婚せよ!~」というスパイ・ラブコメディに出演。「韓国のトップスターと結婚して北朝鮮に連れて来い」と命じられた北朝鮮の美人スパイと、エリック扮する韓流スターの恋が笑い満載に綴られています。また、ソ・ジソプが主演した「私の恋したテリウス」は、伝説のスパイと呼ばれる男がひょんなことから可愛い双子のシッターになってしまうという斬新な内容。仏頂面のジソプが子供の遊びにつきあったり、シングルマザーに恋してうろたえたりする姿が面白く、彼は本作で「MBC演技大賞&最優秀演技賞」を受賞しました。
 
 他にも、パク・ヘジンのクール&お茶目なスパイに胸がときめく「マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~」、互いに身分を隠したスパイカップルの騒動を描いた「7級公務員」など、遊び心がいっぱいのスパイ・ラブコメディは人気のジャンルなのです。イケメン俳優が見せる華麗なアクションと秘密めいた存在感、そしてギャップのあるコミカルな姿がいっぺんに楽しめるところが人気の秘密かもしれません。
 
 ちなみに、スパイドラマでは主に国家情報院の要員が主役となることが多いようです。そんななか、21年1月に改正国情院法が施行され、国内のスパイ活動捜査を行う「対共捜査権」が警察に移管されました。これから警察官が主役のスパイドラマが登場するかもしれませんね。