BS朝日

ミニ情報

#85

温かい気持ちになる歌

「翼をください」は、昭和45年「瀬戸の花嫁」、「学生街の喫茶店」など多くのヒット曲を作詞した山上路夫、作曲は音楽プロデューサーとしても活躍した村井邦子です。昭和45年音楽グループ「赤い鳥」が歌いました。「翼をください」誕生のきっかけは当時、三重県で開かれたあるコンテストでした。村井が作ったこの曲のメロディを聞いて山上は頭をかかえます。「詞が曲に負けている」そひで山上は一から書き直します。山上が七転八倒して書き直した詞の完成はコンテストのなんと2時間前でした。「赤い鳥」のメンバーは本番前に、おお急ぎで練習して新曲「翼をください」の疲労となったそうです。