BS朝日

バックナンバー

#161

「冬咲きの牡丹」

奈良県桜井市にある名刹・総本山長谷寺は、四季折々に美しい花が境内を彩ることから「花の御寺」と呼ばれています。1月は冬咲きの牡丹が参拝客を迎えてくれます。1月9日、御本尊の前で、若い修行僧たちによる「仏名会」という法会が営まれていました。過去、現在、未来の三世にいるとされる3000の仏様に罪を懺悔するという仏事です。修行僧たちの熱気と祈りの声が、冬空に吸い込まれていきました。