BS朝日

バックナンバー

#162

「打たせ船」

熊本県南部の芦北町は、八代海沿岸の古い宿場町。冬、アシアカエビ漁の季節を迎えた紺碧の八代海に、純白の「打たせ船」が集います。「打たせ船」は、エンジンなど動力は使わず風力だけで網を引く帆走漁船、大小9枚の帆をドレスに見立て「海の貴婦人」と謳われる地元のシンボルです。アシアカエビはクルマエビの仲間で、濃厚な風味が特徴の地元の名物。貴重な伝統漁を通じ、豊かな海の恵みを紹介します。