BS朝日

バックナンバー

#173

「ハマグリ」

三重県桑名市は、木曽三川のひとつ揖斐川の河口付近の街で、ハマグリの産地として知られています。午前10時、朝から漁に出ていた漁船が戻ってくると、港は活気づきます。貝の専門店では、鮮度が落ちないうちに大きさごとに分け、調理をします。たまり醤油で炊いた「時雨蛤」に、定番の「焼き蛤」など。そしてこの店の常連客でもある京都の彩色絵師・林美木子さんが描いた「貝合わせ」も。春の桑名市には、ハマグリが集います。