BS朝日

バックナンバー

#91

2019年8月18日(日)放送

今週のニッポン
今週の日本のニュースを海外メディアはどう伝えたのか!?

・令和初の終戦記念日 天皇陛下が「おことば」 
・日韓対立から見える”アメリカの平和”の後退 
・日本の高校生が披露したスポーツマンシップ ほか


徹底解説 ニュースの焦点
日韓対立 光復節で文在寅大統領「「今からでも日本が・・・」対話呼びかけの真意

韓国の文在寅大統領は、8月15日の光復節で、「今からでも日本が対話と協力の道に乗り出すなら、われわれは喜んで手を取る」と述べ、対話の用意があることを明確にした。日本政府が韓国を輸出優遇から除外して以来、対抗する姿勢を鮮明にしてきた文大統領は、その方針を変更したのか。韓国経済の専門家も交え、読み解く。

【ゲスト】
武藤正敏(元駐韓大使)
高安雄一(大東文化大学教授)


ニュースの核心に迫る!「時事論考」
国際空港閉鎖まで・・・香港デモ激化 中国政府は”制圧”に動くのか!?

香港のデモが激化している。8月12日と13日は、国際空港が閉鎖された。中国政府は「テロの兆しがある」と非難、香港近くに武装警察を集結させた。”制圧”に乗り出すことはありうるのか。米国は懸念を表明している。
犯罪者引き渡し条例案への反対を機に始まった香港のデモ、何が起きているのか。

【ゲスト】
津上俊哉(日本国際問題研究所客員研究員)
峯村健司(朝日新聞国際報道部)


※都合により内容等、変更の場合もあります。