BS朝日

動画公開のお知らせ

『BS朝日 日曜スクープ』放送内容を動画公開します。
生放送でお伝えするニュース解説を放送終了後、ネットで動画公開します。
もう一度、ご覧になりたい方、見逃してしまった方、是非ともご利用ください。


■『BS朝日 日曜スクープ』8月14日の放送内容は現在、公開中です。
【日曜スクープ】すべては8月3日夜から始まった!岸田内閣改造の舞台裏…岸田総理が森喜朗元総理と〝重鎮会食〟内閣改造の内幕と人事断行の狙いは
1
2
3
4

岸田総理は8月10日に内閣改造・党役員人事に着手。それに先立ち、岸田総理は3日夜、東京都内のホテルで森喜朗元総理、青木幹雄元自民党参院議員会長らと会食。森氏は党内最大派閥の安倍派の後見役。内閣改造・党役員人事をはじめ、今後の政権運営について意見交換したとされる。自民党の遠藤利明選対委員長、小渕優子組織運動本部長も同席。末延吉正の取材によると、岸田総理と青木氏の関係修復のために設定されていた。過去に「参議院のドン」とまで言われた政界の実力者である青木氏が激怒したのは何故か。森元総理からの提言は、何だったのか。安倍元総理の不在、旧統一教会の問題など課題山積の中、今後の岸田総理の政権運営を展望した。
★ゲスト…末延吉正(元テレビ朝日政治部長/ジャーナリスト)、紀藤正樹(弁護士/全国霊感商法対策弁護士連絡会)
★アンカー…杉田弘毅(共同通信社特別編集委員)

放送内容の動画はこちらからご覧いただけます。
⇒ テレ朝news
⇒ ANNnewsCH
(公開期間は放送から2週間です)


■『BS朝日 日曜スクープ』8月7日の放送内容は現在、公開中です。
【日曜スクープ】旧統一教会と政治 断絶の可能性は
123456

次々と明るみになる政治家と旧統一教会の関係。催事参加、選挙支援などの形で、自民、立憲、維新、国民の与野党議員が釈明に追われた。一連の問題について、自民・福田達夫総務会長は「何が問題かわからない」と発言、SNS上に批判殺到。さらに、旧統一教会関連イベントに名義を貸し、実行委員長を務めていた二之湯智国家公安委員長は、「政治のお付き合いの一環で名前を貸した」と釈明。一方、旧統一教会が現在の団体名への名称変更を文化庁から認められた経緯に関し、自民・下村博文前政調会長は、当時、文科大臣だったとして「今となっては責任を感じる」と述べるが、名称変更の関与は否定。政界に浸透する旧統一教会との繋がり。国民の批判が高まる中、政治と旧統一教会の関係断絶の可能性は。
★ゲスト…紀藤正樹(弁護士/全国霊感商法対策弁護士連絡会)、角谷浩一(政治ジャーナリスト)
★アンカー…橋本大二郎(元高知県知事)

放送内容の動画はこちらからご覧いただけます。
⇒ テレ朝news
⇒ ANNnewsCH
(公開期間は放送から2週間です)

 

【日曜スクープ】米下院議長が電撃訪台 加速する台湾危機
11131214151515

ペロシ米下院議長は2日に台湾を訪問、蔡英文総統と会談。ペロシ氏は声明で「台湾と米国の連帯は重要」と主張。この対抗措置として、中国軍は4日、台湾を取り囲む6か所の海空域で、弾道ミサイルなどの発射を含む大規模軍事演習を実施。台湾侵攻を想定した演習であると同時に、在日米軍を対象としたとの分析も。米国では、大規模軍事演習の前から〝現実の脅威〟として台湾侵攻の危機感が増幅していたと識者は指摘する。米中軍事バランスの変化、ロシアのウクライナ侵攻など、重なり合う要因。台湾危機の回避に必要な策とは。
★ゲスト…秋田浩之(日本経済新聞本社コメンテーター)、小原凡司(笹川平和財団上席研究員)
★アンカー…橋本大二郎(元高知県知事)

放送内容の動画はこちらからご覧いただけます。
⇒ テレ朝news
⇒ ANNnewsCH
(公開期間は放送から2週間です)

お知らせ

■岡田晴恵さんの著書『新型コロナ 自宅療養完全マニュアル』緊急無償公開
新型コロナウイルス第7波で、感染者数が激増し、過去最多を更新しているのを受け、岡田晴恵さんの著書『新型コロナ 自宅療養完全マニュアル』(実業之日本社刊)がWEBで緊急無償公開されました。
公開用URL含め、詳しくはこちらです。

 

 

スペシャルアーカイブ

~話題となった特集はこちらで内容をご覧いただけます~

近代戦争史から考える”ウクライナでの戦争”の今後

2022年7月3日の『BS朝日 日曜スクープ』は、近代戦争の歴史を踏まえつつ、ウクライナでの戦争の今後を議論しました。ゲストは、『独ソ戦』著者の現代史家、大木毅さんと、防衛省防衛研究所 防衛政策研究室長の高橋杉雄さんです。

戦禍のウクライナ 綿井健陽が取材”奪われた日常”

戦禍のウクライナで取材を重ねてきたジャーナリスト、綿井健陽氏。キーウを取材拠点にしていた綿井氏は、4月上旬、キーウ州からロシア軍が撤退したのを受け、激戦地になっていたイルピンや、民間人の大量虐殺が発覚したブチャに駆け付けた。ロシア軍が奪った“日常”、それでも、市民たちが守り続けるものとは!?

ウクライナ侵攻が「絶滅戦争」に…『独ソ戦』著者の懸念

2022年5月22日の『BS朝日 日曜スクープ』は、大木毅さん、さらに防衛研究所の山添博史さんをスタジオに招き、プーチン大統領の言動を分析しました。

『独ソ戦』著者が読み解くウクライナ戦況

2022年5月22日の『BS朝日 日曜スクープ』は、ベストセラー『独ソ戦』著者の大木毅さん、防衛研究所の山添博史さんとともに、最新情報をもとに、戦況の行方を分析。砲撃に頼るロシア軍の特徴も分析しました。

その他の過去の特集はこちらからご覧いただけます。
⇒スペシャルアーカイブ一覧へ

番組概要

「日曜スクープ」は日曜よる 7 時~ BS 朝日で生放送!

●世界は日本のニュースをどう報じたのか?「今週のニッポン」
●話題のニュースを徹底解説!「ニュース最前線」
●ニュースを深く掘り下げ、本質に向き合う「時事論考」
3つのコーナーでニュースの核心に迫る番組です。
専門家や関係者をスタジオに招き、ともにニュースを掘り下げ、
「このニュースの本質・深層はそうだったのか」と気づきをご提供いたします。


【司会】
上山千穂(テレビ朝日アナウンサー)
菅原知弘(テレビ朝日アナウンサー)


【各界の第一人者が週替わりで徹底解説!】

河野克俊  前統合幕僚長
1954年生まれ。77年、防衛大機械工学科を卒業、
海上自衛隊に入隊。
自衛艦隊司令官・海幕長などを経て14年10月、
第5代統合幕僚長に就任。
3度の定年延長を重ね、歴代最長の4年半在任。


杉田弘毅  共同通信社 特別編集委員
1957年生まれ。80年、一橋大学卒業。
共同通信社テヘラン支局長・ニューヨーク特派員・
ワシントン支局長・
編集委員室長・論説委員長を経て現職。
著書に『アメリカの制裁外交』
『「ポスト・グローバル時代」の地政学』ほか。
2021年度日本記者クラブ賞受賞


木内登英  野村総合研究所・元日銀審議委員
1963年生まれ。87年、早稲田大学を卒業。
90年、野村総研ドイツ、96年、野村総研米国、
04年、野村證券に転籍。
12年、日本銀行政策委員会の審議委員に就任し、
金融政策を5年間担った。
17年、野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト。


片山善博  元総務大臣・前鳥取県知事
1951年生まれ。74年、東大法学部卒業し自治省に入省。
自治大臣秘書官などを経て、99年に鳥取県知事に就任。
10年9月から11年9月まで総務大臣。
現在、大正大学地域構想研究所長。


番組で取り上げたニュースのうち、より深く知りたいものはこちらにリクエスト下さい。
あわせて、番組へのご意見ご要望もお寄せください。
⇒リクエストはこちら