BS朝日

お知らせ

原発事故10年 作家・真山仁が語る福島第一原発の今
2021年2月14日の『BS朝日 日曜スクープ』は、事故から10年、福島第一原発の今を特集しました。現地ロケのVTRに加え、スタジオでの解説部分も動画でご覧いただけます。
 
■真山仁が語る原発事故10年≪前編≫放射線と闘う現場
テレ朝news
YouTube ANNnewsCH
■真山仁が語る原発事故10年≪後編≫最大の難関デブリ
テレ朝news
YouTube ANNnewsCH
 
現地ロケのVTRは以下のサイトでもご覧いただけます。
 
■真山仁が見た福島第一原発1放射線との闘い
テレ朝news
YouTube ANNnewsCH
■真山仁が見た福島第一原発2核燃料取り出し
テレ朝news
YouTube ANNnewsCH
■真山仁が見た福島第一原発3最難関のデブリ
テレ朝news
YouTube ANNnewsCH


各界の第一人者が週替わりで徹底解説!
詳細はこちら


熊谷6人殺害事件の遺族が記者会見
詳細はこちら

インタビュー

自民党・岸田文雄前政調会長が生出演「率先して政治家が行動を…」

2021年1月17日『BS朝日 日曜スクープ』は、自民党の岸田文雄前政調会長が生出演。コロナ禍の状況を受け、岸田前政調会長は「率先して政治家が行動で考え方を示すことは、大変、重要なポイント」と述べました。さらに、次期自民党総裁選について「総裁選挙が行われるとするならば、是非挑戦したい」と意欲を見せました。
⇒詳しくはこちら


緊急事態宣言2週間「まだ厳しい状況」 田村憲久厚労大臣が生出演

2021年1月24日の『BS朝日 日曜スクープ』は、田村憲久厚生労働大臣が生出演。対策を強化する必要があるのか、そして、感染しても入院できないケースの多発にどう対応するのか。田村大臣は、感染抑制への協力を呼びかけつつ、同時に、自宅療養者の重症化を防ぐ仕組みなど、対応を急ぐと強調しました。
⇒詳しくはこちら


その他これまでのインタビュー記事はこちらからご覧いただけます。
⇒インタビュー一覧へ

放送内容

2021年3月7日(日)放送

【司会】
山口豊(テレビ朝日アナウンサー)
上山千穂(テレビ朝日アナウンサー)
杉田弘毅(共同通信社特別編集委員)

 


今週のニッポン
今週の日本のニュースを海外メディアはどう伝えたのか!?

〇総務省幹部への接待問題が拡大 山田真貴子・内閣広報官は辞職
〇ゴーン被告の逃亡を支援 米国人親子の身柄引き渡し
〇大谷翔平がオープン戦に初登板へ

 


徹底解説 ニュースの焦点
コロナ禍”緊急事態宣言を再延長 1都3県さらに2週間 東京五輪「海外からの観客」に暗雲

政府は首都圏の1都3県について、7日が期限だった緊急事態宣言を再延長。菅総理が2週間延長の方針を表明するまでに何があったのか。コロナ禍の中、25日から聖火リレーが始まる東京五輪は、海外からの観客受け入れに、大会関係者からも慎重論があがった。決断までの時間は限られている。

 

【ゲスト】
田﨑史郎(政治ジャーナリスト)
二木芳人(昭和大学医学部客員教授)

 


ニュースの核心に迫る!時事論考
尖閣めぐり「危害射撃」可能の見解 中国「海警法」施行…進行する危機

政府は、外国公船が尖閣諸島への上陸を強行すれば、凶悪犯罪と認定して武器使用により相手の抵抗を抑える「危害射撃」は可能との見解を示した。領海侵犯を繰り返す、中国海警局の公船を念頭に置いた見解だ。海上保安庁、そして海上自衛隊の対応は?そして、中国は日本政府の動きをどのように見ているのか。

 

【ゲスト】
遠藤誉(中国問題グローバル研究所所長)
山田吉彦(東海大学教授)

 


※都合により内容等、変更の場合もあります。

番組概要

“この番組を見れば、ニュースのエキスパートになれる!”

番組では、「世界が注目する日本のニュース」をまとめてチェック。その中から「注目ニュース」をピックアップし、押さえておくべきポイントを、専門家と共に解説します。
番組後半は、ニュース渦中の当事者や関係者をゲストに招き、そのニュースの本質に触れ、核心に迫ります。


【司会】
山口 豊 (テレビ朝日アナウンサー)
上山千穂(テレビ朝日アナウンサー)


【各界の第一人者が週替わりで徹底解説!】

河野克俊  前統合幕僚長
1954年生まれ。77年、防衛大機械工学科を卒業、
海上自衛隊に入隊。
自衛艦隊司令官・海幕長などを経て14年10月、
第5代統合幕僚長に就任。
3度の定年延長を重ね、歴代最長の4年半在任。


杉田弘毅  共同通信社 特別編集委員
1957年生まれ。80年、一橋大学卒業。
共同通信社テヘラン支局長・ニューヨーク特派員・
ワシントン支局長・
編集委員室長・論説委員長を経て現職。
著書に『アメリカの制裁外交』
『「ポスト・グローバル時代」の地政学』ほか。


木内登英  野村総合研究所・元日銀審議委員
1963年生まれ。87年、早稲田大学を卒業。
90年、野村総研ドイツ、96年、野村総研米国、
04年、野村證券に転籍。
12年、日本銀行政策委員会の審議委員に就任し、
金融政策を5年間担った。
17年、野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト。


片山善博  元総務大臣・前鳥取県知事
1951年生まれ。74年、東大法学部卒業し自治省に入省。
自治大臣秘書官などを経て、99年に鳥取県知事に就任。
10年9月から11年9月まで総務大臣。
現在、早稲田大学教授。


番組で取り上げたニュースのうち、より深く知りたいものはこちらにリクエスト下さい。
あわせて、番組へのご意見ご要望もお寄せください。
⇒リクエストはこちら

山口キャスターの熱い取材が本になりました!!

再生可能エネルギー+循環型社会が人口減少と温暖化の危機を救う!
テレビ朝日「スーパーJチャンネル(土曜)」の特集を書籍化。「日曜スクープ」でもメインキャスターを務める山口豊が現地を訪ね、日本再生の秘密を解き明かす書き下ろしドキュメント。地方発、限界集落からの逆転ストーリーが「日本の未来」を明るくする!

タイトル:「再エネ大国 日本」への挑戦

著者:山口 豊、スーパーJチャンネル土曜取材班
発行:山と溪谷社 価格:1,500円+税
発売日:2月13日(木)(※一部地域を除く)

本のプレゼント抽選は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。