BS朝日

バックナンバー

#78

堀江敦子 スリール 代表

「仕事と子育てのリアルについて知りたい」と考える学生が、子育て中の共働き家庭で子育て体験を通して生き方を学ぶ「ワーク&ライフ•インターン」。学生にとっては仕事と子育ての両立を疑似体験することで長期的なキャリアをイメージしやすくなり、家庭にとっては育児のサポートを得られる。若者の意識改革こそが、堀江の考えるアタラシイ未来への第一歩につながる。

スリール株式会社 代表

1985年東京都生まれ。
日本女子大学社会福祉学科卒業後、2007年にIT企業に入社。
マーケティングリサーチ事業に携わる。
2010年8月に退職し、11月スリール設立。

「働くこと」、「家庭を築くこと」をリアルに学ぶ「ワーク&ライフ・インターン」事業を展開。
経済産業省「第5回キャリア教育アワード優秀賞」を受賞。
企業や大学、行政等で両立支援や意識改革に関する講演を行う。

厚生労働省、内閣府の男女共同参画委員、文京区など複数行政委員を兼任。
日経ビジネスオンライン主催 「チェンジメーカー10」に選出。