BS朝日

バックナンバー

#294

石嶋瑞穂 株式会社チャーミングケアモール 代表取締役

「これなんで売っていないの!?」
小児白血病で入院した息子のベッドの傍らで、療養に必要なものが簡単に手に
入らない現実に愕然としたことが起業のきっかけだった。

石嶋が始めたのは、病気や障がいがある子供たちのケアに必要な品が手軽に買える
ショッピングサイト。

周りの付き添い家族から聞いた「こういうものがあったらいいのに」という意見と、
「可愛い、カッコいいもの」が子どもや家族を元気にしてくれる、という自分の気づきを
具現化した“子どもや家族をハッピーにする商品”を提供している。

さらに、ケア用品を使う子どもの外見やメンタルのケアと、
それを支える家族のケアも合わせて「チャーミングケア」と名付け、
物を提供するだけではなく家族の心のケアのためのオンライン座談会も行なっている。

『チャーミングケア』はまだほとんど知られていないが、
それが当たり前の文化になることを石嶋は目指している。
 

いしじま みずほ

1978年 大阪府出身、近畿大学卒業。広告代理店などを経て、制作会社のネットベンチャー事業責任者などを経験。息子の入院の付き添い期間中、病気と闘う子供と家族を応援する「マミーズアワーズプロジェクト」を立ち上げる。
2020年より、お見舞い品販売ECサイトの運営サービスを行なっている。
2017年「J300ビジネスアワード特別賞」、
東京都女性ベンチャー成長促進事業APTWomen採択