BS朝日

バックナンバー

#295

川原伸晃 植物専門店REN Founder

本来、持続可能なはずの観葉植物。しかし枯らしたりして数年で捨ててしまう人
も多い。
そこで川原が始めたのが、枯れたり不要になった観葉植物を「下取り」、「再生」
させて「販売」するサービス。
植物を元気にするために川原がこだわっているのが「土」。使用済みの発酵した茶葉などを使い、土の中の微生物を活性化させることで植物を再生させるのだ。
さらに、「枯らさないことで人々に植物を育てる楽しみを知ってもらいたい」
と、来店しなくてもネットで気軽に相談できるサービスも行なっている。
植物に新たな命を吹き込む川原が目指すものとは?

かわはら のぶあき

REN代表・ボタニカルデザイナー
1982年、東京都生まれ(38歳)。
 
創業100年を超える生花花卉専門店4代目。
2005年にRENを立ち上げた。
2011年花卉園芸界デザイナーとして史上初めて
グッドデザイン賞を受賞
2020年8月、植物の下取りサービスをスタート。
インテリアとしてではなく、持続可能な植物の命をつなぐため
このサービスをスタートさせた。