BS朝日

バックナンバー

#329

西堀哲也 西堀酒造

「日本酒に光は禁物」という常識を打ち破った酒造りなど、
常に新しいことに挑戦し続けている6代目蔵元の西堀。

これまでは杜氏の経験とカンが頼りだった酒造り。
そこで醸造に透明のタンクを使い、発酵の様子を横から確認できるようにすることで、経験値の浅い蔵人でも管理が可能に。
さらに赤色や青色などのLEDライトを使って発酵のスピードを調整するなど
今までになかった酒造りを行っている。
伝統的なものも残しつつ、時代に即した最新技術も取り入れ様々なことに
チャレンジし続けている。
そんな西堀が今後目指す酒造りとは?

 

にしぼり てつや

1990年 栃木県生まれ
東京大学文学部哲学科を卒業後、システム開発会社のエンジニアを経て
2016年家業の西堀酒造株式会社に入社。六代目蔵元となる
これまで異業種で学んできた経験をいかし、
日本酒業界で次々と新しいことにチャレンジしている