BS朝日

バックナンバー

#345

ジョン セーヒョン 株式会社oVice 代表取締役

ジョンが立ち上げたのは バーチャルオフィス「oVice(オヴィス)」

バーチャルオフィス内では人がアバターというアイコンになって表示される
自分のアバターを他人のアバターに近づけると会話ができるという
現実のコミュニケーションの取り方に近い感覚でコミュニケーションがとれるのが
「oVice」の特徴

コロナ禍でリモートワークもすすみ、企業・団体での契約数は1200を超え
今やイベントや教育機関への活用も進んでいる

現在は石川県七尾市の廃工場を買い取り 現実とバーチャルのコミュニケーションの融合を
はかるための研究施設を作り さらなるソフト開発実験をすすめる

 

ジョン セーヒョン

1991年生まれ
オーストラリアで高校卒業後 東日本大震災をきっかけに日本の大学に進学
IT企業の企画インターンを経て 大学在学中 大阪で起業 越境関連IT事業を行う
コロナによってアフリカで足止めされたことをきっかけでoViceの開発を始めた