BS朝日

バックナンバー

#303

「南太平洋の楽園 絶景のポリネシアクルーズ」

今回は乗客定員27名という小型の船「ハウマナ」で巡る南太平洋のフランス領ポリネシアの島々を巡るクルーズです。「ハウマナ」とはタヒチ語で「平和な心」を意味。その名の通り、このクルーズは穏やかで平和な気持ちにさせてくれる、ゆったりとした時間を楽しめます。小型船といっても船内の施設は充実。キャビンは広々として開放感にあふれ、特に笑顔で迎えてくれるスタッフが、親しみやすくフレンドリーな雰囲気を生み出しています。船から直接カヌーで海へ出かけたり、潮風を感じ、潮騒を聞きながら堪能する絶品のディナー。ポリネシアの伝統的な音楽やダンス。色鮮やかな花を使った伝統工芸など、南国の明るく伸びやかな文化が心をリラックスさせてくれます。そして何よりも魅力的なのは青い海と島々が生み出す絶景です。きらめくボラボラ島のラグーン、果てしなく広がるタハア島の海。紺碧からターコイズブルーへと変化する海の鮮やかなグラデーションは、南太平洋ならではの宝物のような美しさ。またボラボラ島でのジャングルツアーや、モツと呼ばれる小さな島へのクルーズ。浅瀬にテーブルを置いて海につかりながら味わうアイランド・ランチなど見どころ満載。タヒチの大自然を存分に堪能し、他では味わえない優雅なクルーズライフを紹介します。

客船名:ハウマナ
ライアテア島(フランス領ポリネシア)~タハア島(フランス領ポリネシア)~ボラボラ島(フランス領ポリネシア)