BS朝日

バックナンバー

#51

#51


♪楽曲♪
夏の歌特集
■夏の思い出(江間章子作詞 中田喜直作曲) 東混ゾリステン
■たなばたさま(権藤はなよ作詞  林柳波補作詞 下総皖一作曲)東混ゾリステン
■海(文部省唱歌 小山作之助作詞作曲)びわ湖ホール声楽アンサンブル
■ほたるこい(わらべ歌)東混ゾリステン
■うさぎのダンス(野口雨情作詞 中山晋平作曲)えびな少年少女合唱団
■待ちぼうけ(北原白秋作詞 山田耕筰作曲)びわ湖ホール声楽アンサンブル
 
◆ミニ情報◆
童謡「うさぎのダンス」は大正13年(1924年)に作詞:野口雨情、作曲;中山晋平のコンビでつくられ発表されました。中山晋平は、雨情の詩に踊りだしたくなるような楽しいメロディ-をつけました。
晋平は、長野県中野市に明治20年(1887年)の村長を務めた旧家の四男として生まれました。明治37年故郷の代用教員になるも好きだった音楽の道を諦めきれず,翌年に職を辞し上京し島村抱月の書生となります。抱月の書生を務めながら、東京音楽学校で学び明治45年に卒業。大正3年、抱月が起こした劇団 芸術座の芝居で歌われる劇中歌を依頼されます。そこで作曲されて曲が「カチューシャの唄」です。その後、野口雨情と出会い本格的に童謡の作曲を行うようになります。晋平は、童謡、流行歌、新民謡など1,700曲以上の作品を残しました。