BS朝日

バックナンバー

#147

「ねじりほんにょ」

今年も無事に稲刈りの季節を迎えた宮城県北部の栗原市。ここでは、独特の形に稲を干します。「ねじりほんにょ」と呼ばれる、風を通して乾燥しやすくする工夫です。地元の金成(かんなり)小中学校の5年生がやってきました。「ふるさと学習」として田植えや稲刈りを手伝っているのです。慣れた手さばきで、稲を刈り、「ねじりほんにょ」を作っていきます。この日は26個の「ねじりほんにょ」が出来あがりました。