BS朝日

バックナンバー

#59.1

祇園 いま行きたい名所番付

今回は「祇園」を特集します。祇園は芸舞妓が行きかう京都で最も華やかなエリアであり、大改修を終えたばかりの南座が11月に新開場し、いま特に注目を集めている街です。そこで今回は「いま行きたい名所番付」と題し、この冬、はじめて祇園を訪れる方にもお勧めできる「10の名所・名物」を、中村芝翫さんと、長男の橋之助さん、そして京都に詳しい俳優の原田龍二さんがご紹介します。
祇園のメインストリート・花見小路で出会った舞妓さんに、花街やお茶屋の楽しみ方や、芸舞妓にまつわる基礎知識などを教えてもらいます。舞妓さんのお気に入りの店にも同行。そこで浮かび上がる舞妓さんの素顔とは?
祇園のグルメでいま話題なのが、憧れの名店の味を気軽に味わえる新店。予約の取れない店として有名な「祇園さゝ木」や、ミシュラン三ツ星10年連続獲得の料亭「菊乃井」が開いた新店へ。そこで味わえる絶品の料理とは?さらに、京おみやげに使えるグルメとして人気の品を求め、「原了郭」や「祇園辻利」を訪ねます。
そもそも、祇園はどのように発展してきたのか?観光スポットとしても人気の八坂神社や建仁寺、さらに、南座や鴨川沿いなどを歩くと、芸舞妓や歌舞伎と祇園との意外な関係が見えてきます。
初心者からリピーターまで役立つ祇園ガイドです。