BS朝日

バックナンバー

#113

今宵はリモート花見!
~2021年 都の美しき桜~

今年も華やかに咲いた京都の桜。自粛ムードのなか、足を運べなかった多くの方々のために、今回は古都の名所を彩る桜を、こだわりの映像でたっぷりとお届け。テレビの前でお花見を堪能して頂きます。旅人は檀れいさん。満開の美しさを目の当たりにし、そこに秘められた奥深い歴史を訪ねます。
皇室ゆかりの門跡寺院、世界遺産「仁和寺」。迎えてくれたのは、「洛中一の美しさ」と称えられる御室桜です。この桜は、樹高が「人の背丈ほど」と低いのが特徴。だからこそ美しい五重塔との絶景に感動。御室桜はなぜ背丈が低いのか?その謎が明らかに!
京都の南、伏見区にある「醍醐寺」。広大な境内を誇るこの寺は、かの天下人・豊臣秀吉が催した「醍醐の花見」の舞台となった桜の名所です。400年以上前から残る建物や庭園などを巡り、当時の盛大なもてなしを体感。絢爛豪華な花見が映し出す秀吉の人柄。さらに、寺に伝わるお宝に仕掛けられた、秀吉のいたずらとは?
今回の旅で、檀さんにはどうしても訪ねたい場所がありました。「桜と新選組が重なる」という檀さん。新選組最初の屯所があった八木邸、そして新選組ファンの聖地「壬生寺」へ。桜のごとく美しく咲き、はかなく散った志士たちの美学。鬼の副長・土方歳三の心を癒したという「清水寺」の桜とは?
また、京都が誇るお花見スポットの2021年の絶景もたっぷりとご紹介。「東寺」「円山公園」「高台寺」「天龍寺」など、京都市民に親しまれている桜の名所から、「桜のお花見発祥の地」と伝わる名刹、そして歴史上の人物の思いを今に伝える名木、さらに黄緑色に咲く不思議な桜の謎も紐解きます。
お花見を心ゆくまで楽しめなかった2021年。京都を美しく彩った今年の桜の数々を、自宅で存分にご堪能ください。