BS朝日

放送内容

#16

入江聖奈(ボクシング)×鳥取県米子市

己の拳を武器に闘うボクシング、入江聖奈選手21歳。鳥取県米子市出身。2021年の東京オリンピックに出場し、日本人女子ボクシング史上初めての金メダリスト。また鳥取出身選手では史上初のオリンピック金メダリスト。小学2年生の時に実家にあったボクシング漫画との出会いがボクシング人生のスタートだった。米子市内にあるジムに通い始めるとすぐにボクシングに夢中になった。当時のノートには「夢は世界一のボクシング選手になること」と書いていた。そんな夢の実現に向け、12年間、二人三脚でともに歩んだ地元の恩師がいた。入江は「才能なんて1ミリもなかった」と話す。天才に勝つには努力しかないと、恩師ともに練習漬けの日々を過ごした。入江の弾ける笑顔の裏側には地元の恩師と共に歩んだ知られざる努力があった。日本人女子初のボクシング金メダリスト入江聖奈の原点に迫ります。