BS朝日

バックナンバー

#152

ニューノーマルの暮らしを先取りした武蔵小杉の家

今回は、この街に3階建ての商業用ビルを購入し住宅用にリモデルされたTさんご家族を訪ねました。元々古い住まいに興味があったお二人が選んだのは、1階がフォトスタジオ、2階、3階が賃貸だった築25年の中古ビルでした。商業用は住宅と違い、ユニークな部分が多いので住まいにしたら楽しくなるだろうと感じたそうです。ここに引っ越してから、奥様は空間デザイナーとして独立し、お子さんも生まれました。
設計を依頼したのは、奥様の大学時代の友人、桶川容子さん。
2階の一部の床を下げて天井を高く取り、新たに中2階を設け、そこにお二人のワークスペースを作りました。閉じない空間の中で、オンとオフの境を敢えて造らない構造は、ご自分たちが仕事をしている姿をお子さんに見せながら育てたいとの思いからです。
コロナ禍で、在宅ワークが増えている中、仕事も生活も快適に過ごせる
新しいライフスタイルを先取りしたリモデルになりました。
 
設計担当:marutauarqui 一級建築士事務所
www.marutau.com

【平面図】

1F before

1F after

2F before

2F after

3F before

3F after