BS朝日

バックナンバー

#163

十文字の光が運気を呼び込む 湯島天神前の家

東京上野・不忍池の南東に位置する湯島。
毎年、受験シーズンになると多くの人々が「湯島天満宮」へ合格祈願に訪れます。古くから文人墨客にも愛され、高台にある境内からの不忍池を望む景色は、浮世絵にも描かれました。
今回はこの湯島天満宮の目の前に建つ古いマンションを購入された、若い建築家ご夫妻を訪ねます。

長野に住むご主人のご両親の事も考えアクセスが良い、上野周辺で物件探しをしていたところ、出会あったのがこのマンションでした。

築52年以上というマンションのため、天井が通常より20センチほど低いという問題点を解決する為に、天井を取り払い、新たに取り付けた鴨居の上に
LEDの照明を仕込み、部屋全体を柔らかく照らせるようにしました。
エアコンは床置きタイプにし、天井をすっきりと見せて空間をより広く感じられるようにしています。

また、扉を可動式にし、様々なシーンに対応できるようにして、限りある空間を有効に使えるように工夫した事もご夫妻のアイデアです。

自宅で設計事務所を構えながら、子育て出来る快適な住まいを手に入れました。
 
設計担当:蟻川建築設計事務所  http://ants-a.com/

【平面図】

before

after