BS朝日

みどころ

#192

3時間スペシャル 新潟から青森へ 日本海の絶景路線を行く 羽越本線・五能線 乗り継ぎ旅 (#192)

新潟から青森へ、羽越本線や五能線を乗り継いで日本海沿いを北上、初夏のみちのく満喫の旅に出かけます。
沿線を彩るのは奇岩・断崖の絶景や山海の美味!
海に面した名湯に浸かり、雄大な山々の眺めも楽しみます。

初回放送日:2018年6月14日(木)

みどころ

新発田城
 別名「あやめ城」。慶長3年築城。石垣がすき間なくかみ合うようにきちんと積まれる「切込はぎ」でつくられ、北国の城特有の海鼠壁は全国的にも珍しい。赤穂義士の討ち入りで中心的な役割を果たした堀部安兵衛の像がある

岩船漁港の漁師食堂
 岩船港で水揚げされた新鮮な魚介類が楽しめる店。この季節はイカと柳カレイが名物。

九重園
 村上の有名茶園の1つ。創業250年。村上のお茶屋さんは基本的に自分の畑の茶を持っていて、
店の奥で茶を作り、売っている。

瀬波温泉 汐美荘
 館内すべてがオーシャンビューの浜辺の宿。特に「夕映えの宿」と冠している夕陽が美しい。料理は村上の地の幸にこだわっている。

笹川流れ観光汽船
 文字通り、名勝「笹川流れ」を遊覧する観光船。乗り場では魚介の加工品なども並ぶ。

鮨処 朝日屋
地元鼠ヶ関港で水揚げされた天然の地魚にこだわっている人気店。シャリのお米にも地元産の「つや姫」やコシヒカリを使っているそうで、地産地消へのこだわりもある。人気のチラシ寿司を頂く。

九兵衛旅館
 創業300年の歴史がある13部屋の旅館。春から初夏にかけて北限のたけのこ料理が有名。
 金魚の見える浴場がユニーク。

庄内砂丘
 庄内平野の日本海岸にある砂丘。南の鶴岡市から北へ鳥海山麓の遊佐町吹浦 にいたる約 30kmの長大な砂丘。

九十九島
 約200年前の地震で地盤の隆起が起こり、現在は田園に60以上の島々が浮かぶ独自の絶景が見られる。

ダイニングキッチン福八
 地元、八森で養殖された「あわび」が、まるごと一つ入った「あわび御膳」がおすすめ。八森の地元産の食材にこだわっている。海の眺めの魅力のひとつ。

海の駅「わんど」
 鰺ヶ沢の港にある、地の海産物や農産物を扱う直売所と食事処を併設する施設。地元の一押しヒラメなどの魚介に加え、鰺ヶ沢のソウルフードとも言える黒蜜のかかった「串団子」などにも出会える。

つがる市 縄文住居展示資料館 カルコ
 つがる市内で多く発掘された縄文時代の遺跡の資料を中心に展示。住居を復元したコーナーや、有名な遮光器土偶のレプリカの展示などが楽しめる。

列車走り  村上駅~間島駅

列車走り  小波渡駅~三瀬駅

列車走り  羽後亀田駅~岩城みなと駅