BS朝日

バックナンバー

#23

#23

今回は、指揮者 ピエタリ・インキネンが、フィンランドで愛される曲シベリウスの交響曲第2番 ニ長調について紹介します。日本とフィンランドは外交関係を結んで100年になります。
 
指揮者として曲との向き合い方について「過去の作曲家は,楽譜にたくさんの情報を残してくれました。楽譜を通して私たちはコミュニケーションをとります。作曲家が、なぜこの音符をここに置いたかなど、曲作りをしていた瞬間を感じ取ろうとします。だから作曲家がこの世を去って永い年月が経っても残してくれた情報で親密な会話ができるのです。」

 
◆紹介楽曲◆
フィンランドの作曲家シベリウスの 交響曲第2番ニ長調
 
◆出演◆
指揮者:ピエタリ・インキネン [日本フィルハーモニー交響楽団]

(C)堀田力丸