BS朝日

バックナンバー

#1766

英国流高級SUV アストンの“大作” 登場

昔の007シリーズに登場した“ボンドカー”の中で、アストンマーティンの人気は常に一番人気。そんなアストンもついにSUVを手がけることになった。意外だったのは、伝統の“GTらしさ”よりむしろ“ラグジュアリーサルーンの性格”を重視した上で、本来の“スポーツカーらしさ”も強調するコンセプト。それでいて静かさにも配慮したという“欲張り設計”のようなのだ。つまり、先輩格のベントレー・ベンテイガとロールスロイス・カリナンにも迫る快適さの中に、アストン本来のGT感を保った、ということなのだ。本当にそんなことが可能なのかと思う一方で、もし本当なら2300万(本体)も安いとさえ思う。

登場車種:ASTON MARTIN DBX