BS朝日

バックナンバー

#1771

800ボルトのEV ポルシェは別モノ?

ようやく、話題のポルシェ製EV第1号“タイカン”に乗れることになった。パナメーラに似たフォルムで、ボディサイズは少しだけ短く、広く(トレッドも)、そして低いだけなのに、なぜかこちらには独特の“911感”がハッキリと感じられることに、まず意外性を感じた。取材をここまで遅らせた恩恵で、上級のトップモデル、ターボS(ポルシェにはEVにまで“ターボ”というグレード名を使い続けるつもりなのだ)だけでなく、あとから上陸したベーシックの“4S”も用意されて、結果的にこちらがかなりイイ(911のときもそうだった)ということになった。このタイカン、走りもまさに、“4ドアの911的早さ”で乗り心地も上々なのであった。

登場車種:Porsche Taycan Turbo S / Taycan 4S