BS朝日

バックナンバー

#43

魚が食べたい!#43 兵庫県南あわじ市・福良漁港

お魚大好きディレクターが訪れたのは、兵庫県・福良漁港(ふくら)。瀬戸内海に浮かぶ淡路島の南の端に位置し、目の前には渦潮で有名な鳴門海峡があります。“養殖のスペシャリスト”を訪ね、「3年トラフグ」や「べっぴんハモ」…初夏の淡路島のお魚を満喫!
通常2年で出荷するところを、さらに1年長く育てた「3年トラフグ」。その発端は偶然から生まれたものだそう。新鮮なてっさ(ふぐ刺し)&てっちり(ふぐ鍋)でいただきます。一番人気とも言われるトラフグの部位とは…?
そして、旬のちりめん漁にも同行させていただきました。ちりめんは鮮度が命。水揚げしたら、船の上でそのまま氷水へ。急いで帰港すると、すぐに入札が始まります。獲れたて生シラスや、炊きたてのちりめんのお味はいかに!
さらに、「べっぴんハモ」の噂をキャッチ。いったいどんなハモなのでしょうか…?

3年トラフグ
3年トラフグの刺身
3年トラフグのてっちり
淡路島の生しらす
獲れたてのちりめん
炊きたての釜揚げちりめん
べっぴんハモ
ハモの湯引き
ハモの湯引き②
ハモすき
ハモすき②
ハモの卵
ウナギの蒲焼き
ツバス
タイ
ツバスとタイの刺身