BS朝日

バックナンバー

#176

小松寛 有限会社ヤマカ水産 専務取締役

アジの干物生産日本一で知られる沼津。しかし、近年 干物屋の数は激減している。
老舗干物屋の5代目小松は パンやワインにあう、新しい干物を生み出した。
フランス料理にヒントを得た干物「ペッシュール」は、キンメダイやシマアジなどの高級魚を使い、一つひとつ注文を受けてから手作りをする〝ハレの日〟に食べたい干物だ。
「干物=保存食」のイメージを打ち破り、干物復権を狙う小松がその先に見る未来とは?

こまつ ひろし

有限会社ヤマカ水産(大正元年創業)専務取締役  静岡県出身 
大学卒業後、東京・築地の仲卸会社に勤めたのち 家業のヤマカ水産に戻り
新商品の開発に務める