BS朝日

バックナンバー

#188

小室真以人 マイトデザインワークス代表取締役

自然の色を布に映す草木染め。江戸時代には200色もあったという、世界一の染色技術を次世代につなぐため、小室が考えたのは草木染めの弱点を克服し、より日常に使いやすいものにしていくこと。それは 糸や布でなく、原材料である綿から染めることで、色褪せしにくい草木染めを実現させたことだ。
現代の生活に馴染むデザイン、日本のものづくりを活気づける小室が見つめる未来とは?

こむろ・まいと

1983年 福岡生まれ 東京育ち
2005年 東京藝術大学美術学部工芸科卒 染織を専攻
      在学中伝統技法を学ぶ傍ら 新しい技術表現を模索
2008年 自身のニットブランド「MAITO」をスタート
2010年 株式会社マイトデザインワークス設立