BS朝日

バックナンバー

#224

池田親生 CHIKAKEN(ちかけん) 竹あかり演出家

竹に細やかなデザインを施し、ろうそくやLEDライトを使って明りを灯す照明「竹あかり」。
熊本を拠点に、全国各地のイベントでこの竹あかりの制作から空間演出までを手掛けるのが池田親生だ。
材料を、全国に広がる放置竹林から切り出すことで、地域を困らせていた竹を再び地域の恵みにしている。
今、全国に広がりつつある竹あかりの活動。その中で池田が目指す「持続可能な社会作り」とは。

いけだ ちかお

1982年、福岡県生まれ。
2007年、三城賢士とともに「竹あかり」の演出制作・プロデュース会社「CHIKAKEN(ちかけん)」を設立。
熊本を拠点に、東京・明治記念館や米国でのイベントなど、日本全国各地、世界までも活動の場を広げて、年間100現場以上の竹あかり演出を行っている。
熊本地震後、一般社団法人チーム熊本、一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOを設立。被災した市民や県外支援者とともに、復興支援活動を行っている。